魔法の杖と音声認識の確率

サウンドコラム 音とオーディオの四方山 vol.22
音響,AV サウンドコラム
NC曲線と騒音計 音響測定 image コネクタ、配線と測定器 音響測定 image 無響室 スピーカユニット特性測定 image マイク、ミキサー、A/D変換 インパルス応答 image 音圧分布、ホールのワイヤーフレーム 音響測定 image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
音とオーディオの四方山

魔法の杖と音声認識の確率

自動音場調整AVアンプのレビュー
22

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64(2002年8/15〜2004年11/18)に音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

魔法の杖...

「身体に触れるだけでガンを見つける魔法の杖」と題された、電磁波を利用した、簡単なスキャンによるガンの検査装置の米ニュースが掲載されています。

このニュースの検査装置は異常検出率が80〜90%程度ですので、そのまま実用というわけには行かないようです。

また、記事中にもあるように「絶対安全」もしくは「絶対異常」というのが確立しないと実用されないかもしれません。

アメリカは、日本に比較すると、いろいろな分野で新しい技術導入に関して柔軟ですから、もしかすると、トライされることはあるかもしれません(人命に関わるので、さずがに安易には考えないと思いますが、他の分野ではイージーに導入している傾向がありますから)

  ▼身体に触れるだけでガンを見つける魔法の杖
    Hot Wired Japan 2003年7月5日
    http://www.hotwired.co.jp/news/news/technology/story/20030709308.html

日本ですと、技術レベルが水準以上ではない場合、おおむね否定される傾向にありますが、アメリカの場合には、将来的に改善の見込みがありそうだとなれば、実用技術として採用するということが良くあります。

パソコンなどでの音声や動画配信など解り易い例かと思いますが、次々と採用された技術や実装は、音声が途切れたり、映像がノイズだらけでとても実用に耐えるものではない状態で製品として実装され、今でも、環境や通信が一定レベル以上なければ、実用には耐えないような状況です。

日本が主導的に行なっていたとしたら、十分な品質になるまで実用されず、発展するにはもっと時間がかかっただろうと思います。

魔法の杖では、検出制度によって否定的な意見に見える記事になっていますが、確率や統計の数字は紹介の仕方によって、かなり異なる印象を受け、良くも悪くも見えるので注意が必要です。

音声認識や文字認識などで「99%」などの数字を肯定的に紹介されると、非常に認識率が良く実用性が高いように感じますが、実際に99%ですと、この文章の数行の中に既に間違いがいくつも出現しているレベルです(これらの技術の認識率はもっと高いですが)

例えば、10分間の音声の誤りの数を言われると悪く感じ、認識率を言われれば非常に優秀に見えます。

また、音声認識や文字認識の間違いの場合、1文字違えば大きく意味が異なる部分で間違う場合が問題で、文脈などから簡単に誤りが判別できる部分では文脈による補正も考えられますから、平均的な確率より、重要部分で誤る率とその内容が重要です。

魔法の杖の場合には、高い方の数字で93%という数字が記載されていますが、100件で誤りが7件、1万人で700人もの間違いが発生します。

低い方の数字82%だと、10人に1人以上検出ミスが発生することになります。

やはり、人命が関わるので「ワーストケース絶対」ということが重要です。

以前に話題にしました(家庭の音場補正・サウンドコラム 20)ビクターのAVアンプの製品プレビューが掲載されていました。

興味のある方はご覧になってみてください。

自動調整についての詳細記事ではありませんが、製品についてのレビュー記事が掲載されています。

自動音場調整AVアンプのレビュー

以前にコラムで話題にしたビクターの手を叩く音で自動的に音場調整するAVアンプのプレビュー記事がインプレスAVウォッチに掲載されています。

記事によるとうまく機能しているようですが、テストケースは部屋が限定されていると思いますので、幅広く良好な状態となるのかまでは不明です。

しかしながら、スピーカ調整は、部屋の状態により、全チャンネルのバランスを調整することを考えると、記事にあるように手動よりうまく設定できる可能性は高いかと思います(技術があれば別ですが)

「まとめ」の所によると、「次は静音化と6.1ch、7.1ch化に発展できる上級機も望みたい。」とあります。

  ▼インプレスAVウォッチ 新製品プレビュー第49回
    「音場補正機能付きAVアンプと3万円台の108MHzプレーヤー」
    ビクター 「XV-A77」「RX-ES1」
   (機能の特集ではないので詳細に自動スピーカ調節機能について
    触れられているわけではありませんが少し触れられています)

    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20030710/npp49.htm

「静音化と...」というのが気になる所です(明記されるほど....ファン騒音などがあるのでしょうね)

サウンドコラム 音響とオーディオの四方山

音響システムやオーディオ、AVに関連した雑記

「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64に 音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

サウンドコラム 音とオーディオの四方山

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.41〜50

3D音響システムとスピーカ・アレイ Iosonoとサラウンド / プレーヤーとメディアのハイブリッド化(BD,HD DVD,DualDisk) / デジタルアンプとデジタルスピーカ(D級アンプと消費電力, 特徴-シンプルな構成- パワーアンプと伝送 -効率,発熱,クロスオーバー,デジタルスピーカの特徴) / 自衛隊の大砲を使ったコンサート / コーデックキラー(音声圧縮エンコードとノイズ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.31〜40

InterBEE2003とHD放送(SD,HD,テレビ解像度) / 闇と静寂 / 騒音性難聴の防止薬品 / チェンバロにタンチョウヅルの羽根 / 海の音響技術(低周波ソナー LFAS, SOFAR, SOSUS, 音響トモグラフィー, 深層海流の温度計測) / 開発者の音作りと発想(デジタルの音作りと哲学) / 音効とCGスペクタクル映画(映画の音響効果とリアリティ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.21〜30

30地上デジタルTV 開始とInter BEE
サウンドコラム 30
293D音響のトラッキング付き配信
ヘッドホンの立体音響/ヘッド トラッキング
28機械の音のリアクション
サウンドコラム 28
27音質?デザイン?
サウンドコラム 27
26米国のCD市場の変化とCCCD
サウンドコラム 26
25録音テープの「肉声」
サウンドコラム 25
24音の記憶
サウンドコラム 24
23過去と周期と予想
サウンドコラム 23
22魔法の杖と音声認識の確率
自動音場調整AVアンプのレビュー
21音響冷却方式と水冷式
サウンドコラム 21

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.11〜20

20家庭の音場補正
サウンドコラム 20
19オーディオ機器への音楽配信
サウンドコラム 19
18デジタルアンプの時代
デジタルアンプのコンシューマ化
17PCMはCDと同じ?
サウンドコラム 17
16テクノロジーと本質の視点
デジタル・オーディオは高音質か?
15デジタルTVの双方向性
サウンドコラム 15
14アカデミー音響賞、音響効果賞
サウンドコラム 14
13手軽に音響測定
サウンドコラム 13
12音質は確実に落ちている?
サウンドコラム 12
11CDを再生できないCDプレーヤー
CCCD(Copy Control CD)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.01〜10

デジタルオーディオと記録 DVD製造者認識コード(Disc ID) / CD誤り訂正と音質、ピット、誤り訂正 / CDリッピングで音質向上? / パソコンのサウンド機能 / 人間の耳−最も優れた音のセンサー(精密測定用マイク, カクテルパーティー効果) / パソコンの静音設計とノイズ / ホームAVサーバー / TV放送の音声と帯域 / パソコンVS家電 - データ交換 / DVDの評価表現「劇場上映時と」

サウンドコラム 音響関連イメージ

サウンドコラム 音響測定編

音響測定、音圧レベル分布、伝送周波数特性

「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」のvol.1〜10に連載していた 音圧レベル分布と伝送周波数特性に関連したコラムをサウンド コラムのページに編集して掲載しました。

サウンドコラム 音響測定編

サウンドコラム 音響測定編 音圧分布

音圧レベル(SPL)、オクターブバンド、dB、ノイズ

サウンドコラム 音響測定編 周波数特性

周波数、基音と倍音、無響室、フラット再生

≪ サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山 ≫

Inter BEE 2014 参考出品の報告 - 幕張メッセ 2014年11月19日(水)〜21日(金)

放送用音声比較装置 ABE-2100Cを国際放送機器展に参考出展しました。 ご来場ありがとうございました。

Inter BEE 2014(国際放送機器展) 放送用音声比較装置 ABE-2100C (Sound Comparator) 参考出展の報告

《 魔法の杖と音声認識の確率 /自動音場調整AVアンプのレビュー :サウンドコラム 22 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | 音響とAVのサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.