PCMはCDと同じ?

サウンドコラム 音とオーディオの四方山 vol.17
音響,AV サウンドコラム
NC曲線と騒音計 音響測定 image コネクタ、配線と測定器 音響測定 image 無響室 スピーカユニット特性測定 image マイク、ミキサー、A/D変換 インパルス応答 image 音圧分布、ホールのワイヤーフレーム 音響測定 image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
音とオーディオの四方山

PCMはCDと同じ?

サウンドコラム 17
17

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64(2002年8/15〜2004年11/18)に音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

前回は、デジタルオーディオについて話題にしましたが、今回は、PCMの呼び方についてを話題にしたいと思います。

PCM(Pulse Coded Modulation)とは、音響、電気通信などの分野では、パルス符号変調の英字略で、アナログの信号を標本化(サンプリング)して、量子化(数値化)する方式を指します。

大雑把にいうと、標本化は連続信号を時間軸での離散的に測定することで、量子化がレベルを段階付けするものということです。

  ▼ASII24 アスキーデジタル用語辞典
    「PCM」
    http://yougo.ascii24.com/gh/02/000280.html

なぜ、いまさらPCMを話題に取り上げたかというと、音響、コンピュータ、映像、電子楽器など各分野で、簡易にPCMが説明されている内容や表現に違いがあり、中には、かなり、きわどい説明を見かけることがあるのが気になっていたからです。

例えば、オーディオ関係で「1ビットオーディオの対義がPCMである」という説明を見たことがあります。

1ビット方式やSACD(Super Audio CD)の記録方式DSD(Direct Stream Digital)は、PCMとは異なり信号のレベルをデータの密度に変換記録する方式になりますが、「対義」といえるような2者だけの対極的関係かと考えると少々疑問です。

  ▼SACDのDSDについては、公式ページに説明されています。
    (このページが上の説明をしているわけではありません)
    「Super Audio CD
    http://www.super-audiocd.com/

コンピュータの音源での説明では、「FM音源、PCM音源、MIDI音源」と列挙されていました。

  • FM : Frequency Modulation 周波数変調
  • MIDI : Musical Interface Digital Interface
    電子楽器間のインターフェース規格

FM音源とPCM音源のように音源方式のメジャーな方式を比較、列挙するのは良いのですが、MIDIは、音源方式とは異なるので音源の方式の分類としてはどうかという感じがします(FM方式のMIDI対応音源はどこに属するのか)

また、加算合成方式や物理シミュレーション系音源などは、どの方式にも含まれなくなってしまいそうです(MIDI音源でしょうか?)

コンピュータの音源を分類するのに少し混乱しているように見えますが、一般向けに簡単に説明するのには、この方が都合が良いのかもしれません(PCM音源の説明をCDと対比して説明すると、サンプリング周波数なども少々厄介な場合があります。44.1KHzと説明されている物を見た記憶がありますが、音源によって千差万別でキーによってサンプルごとに違っている音源もあるので...というか違っている物の方が多いのでは?)

前回ここで話題に出したE-muのサンプリング音源や当時のサンプリング方式の電子楽器は、デジタル部分は、リニアPCMで動作していますが、アナログ部に逆対数-対数アンプを持っているので、8bit、12bitでのPCM方式であってもノンリニアで聴感上は、リニア方式の場合より品位が良く聞こえます。

さらに、ハイブリット方式のサンプリング音源の多くは、サンプリング周波数を変化させてピッチ変化をさせているため、デジタルのPCM音源とは原理的に出力される信号が異なります(デジタルは、サンプリング周波数固定、ハイブリットは発音ごとに再生周波数が異なります。これもまた前回出したメロトロンに近い方法になります)

映像系では、ドルビーデジタル(Audio-Codec)との音声記録の違いを説明するために、PCMとドルビーデジタルと記載されているようです。

実際、ドルビーの場合には、コーデックによって聴覚マスキングによる圧縮記録ですから記録方式が異なります。

ドルビーのデジタル方式は、かつてはSRとか色々とついていたのですが、現在は、単にドルビーデジタルとされることが一般的なようです。

DVD-Audioの192KHz、24bitサンプリングの場合には、リニアPCM24bit(192KHz)などのように分けて記載されることが多いようです。

  ▼DVD-Audioはこちらです。
    (このページの説明も問題があるわけではありません)
    http://www.dvdaudio-net.com/

実際には、リニアPCMでサンプリングした後、記録の前にデジタルでADPCMなどに変換していたり、マスキング圧縮したりする場合もあるので、A/D変換から説明されている物の中には、微妙な説明のものも存在しているように思います(特に簡易に説明している場合)

多くの場合、単に「リニアPCM」と言った場合には、44.1KHz、16bitの方式や信号を指すというような使われ方になっているみたいです(でも44.1KHzではない場合も含まれていたりする物もあるので非圧縮リニアPCMだとPCMと呼ぶのかもしれません)

個人的には、少し気になる時があるのですが、一般的には大した問題ではないので、大雑把に「PCM」や「CDと同じ」という説明でも良いのかもしれません...。

サウンドコラム 音響とオーディオの四方山

音響システムやオーディオ、AVに関連した雑記

「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64に 音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

サウンドコラム 音とオーディオの四方山

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.41〜50

3D音響システムとスピーカ・アレイ Iosonoとサラウンド / プレーヤーとメディアのハイブリッド化(BD,HD DVD,DualDisk) / デジタルアンプとデジタルスピーカ(D級アンプと消費電力, 特徴-シンプルな構成- パワーアンプと伝送 -効率,発熱,クロスオーバー,デジタルスピーカの特徴) / 自衛隊の大砲を使ったコンサート / コーデックキラー(音声圧縮エンコードとノイズ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.31〜40

InterBEE2003とHD放送(SD,HD,テレビ解像度) / 闇と静寂 / 騒音性難聴の防止薬品 / チェンバロにタンチョウヅルの羽根 / 海の音響技術(低周波ソナー LFAS, SOFAR, SOSUS, 音響トモグラフィー, 深層海流の温度計測) / 開発者の音作りと発想(デジタルの音作りと哲学) / 音効とCGスペクタクル映画(映画の音響効果とリアリティ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.21〜30

30地上デジタルTV 開始とInter BEE
サウンドコラム 30
293D音響のトラッキング付き配信
ヘッドホンの立体音響/ヘッド トラッキング
28機械の音のリアクション
サウンドコラム 28
27音質?デザイン?
サウンドコラム 27
26米国のCD市場の変化とCCCD
サウンドコラム 26
25録音テープの「肉声」
サウンドコラム 25
24音の記憶
サウンドコラム 24
23過去と周期と予想
サウンドコラム 23
22魔法の杖と音声認識の確率
自動音場調整AVアンプのレビュー
21音響冷却方式と水冷式
サウンドコラム 21

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.11〜20

20家庭の音場補正
サウンドコラム 20
19オーディオ機器への音楽配信
サウンドコラム 19
18デジタルアンプの時代
デジタルアンプのコンシューマ化
17PCMはCDと同じ?
サウンドコラム 17
16テクノロジーと本質の視点
デジタル・オーディオは高音質か?
15デジタルTVの双方向性
サウンドコラム 15
14アカデミー音響賞、音響効果賞
サウンドコラム 14
13手軽に音響測定
サウンドコラム 13
12音質は確実に落ちている?
サウンドコラム 12
11CDを再生できないCDプレーヤー
CCCD(Copy Control CD)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.01〜10

デジタルオーディオと記録 DVD製造者認識コード(Disc ID) / CD誤り訂正と音質、ピット、誤り訂正 / CDリッピングで音質向上? / パソコンのサウンド機能 / 人間の耳−最も優れた音のセンサー(精密測定用マイク, カクテルパーティー効果) / パソコンの静音設計とノイズ / ホームAVサーバー / TV放送の音声と帯域 / パソコンVS家電 - データ交換 / DVDの評価表現「劇場上映時と」

サウンドコラム 音響関連イメージ

サウンドコラム 音響測定編

音響測定、音圧レベル分布、伝送周波数特性

「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」のvol.1〜10に連載していた 音圧レベル分布と伝送周波数特性に関連したコラムをサウンド コラムのページに編集して掲載しました。

サウンドコラム 音響測定編

サウンドコラム 音響測定編 音圧分布

音圧レベル(SPL)、オクターブバンド、dB、ノイズ

サウンドコラム 音響測定編 周波数特性

周波数、基音と倍音、無響室、フラット再生

≪ サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山 ≫

Inter BEE 2014 参考出品の報告 - 幕張メッセ 2014年11月19日(水)〜21日(金)

放送用音声比較装置 ABE-2100Cを国際放送機器展に参考出展しました。 ご来場ありがとうございました。

Inter BEE 2014(国際放送機器展) 放送用音声比較装置 ABE-2100C (Sound Comparator) 参考出展の報告

《 PCMはCDと同じ? : 音響・オーディオ,AV - サウンドコラム 17 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | 音響とAVのサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.