エコーキャンセラー : 音響用語

音響、オーディオ、ソフト、ハードなどの専門用語,名称
補足・用語 / 音響技術と開発
音響機器の開発 ハードウェアPCB設計イメージ CPU組込みソフト、信号処理(DSP)ソフト開発 無響室 - 音響実験/音響測定、試験 イメージ DSPボード デジタル信号処理 image 音響信号とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
音響技術とオーディオ・AVの専門用語と補足

エコーキャンセラ
エコーキャンセラ

エコーキャンセラーとは、携帯電話や固定電話のハンズフリー使用やインターネットによるWeb会議システムで使われているスピーカとマイクロホンを利用した双方向通信では音響エコーを抑制、除去する機能です。 エコーキャンセラの方式には、通信回線の特性などに合わせて複数の方式がありますが、ここでは、適応フィルタを用いた音響エコーの信号処理で抑制する場合について記します。

音響エコーとは

エコーキャンセラ:音響エコー

音響エコーとは

このようなスピーカとマイクを使用した通話拡声系を利用したときに自分がしゃべった声がスピーカからエコーのように聞こえる経験をされたことがないでしょうか?

この現象は音響エコーと呼ばれています。

音響エコーの起こる仕組み

エコーキャンセラ:音響エコーが発生する様子
音響エコーが発生する様子

上図の話者Aが発話した「もしもし」という音声はマイクで収音され話者B側へ伝送されてスピーカから再生されます。 話者Bのスピーカされた話者Aの音声はマイクで収音され、話者A側に伝送されてスピーカから再生されてしまいます。

自分のしゃべった音声が少し遅れてスピーカから再生されるので「エコー」のように聞こえます。 これが音響エコーです(通信回線の遅延もあります)

音響エコーがあると話者は話し難くなります。音響エコーをなくすにはどうしたら良いでしょうか?

音響エコーをなくすには

原因はスピーカから再生された音声がマイクで収音されることにあります。 収音した信号からスピーカが再生した音を除去するには、スピーカから再生されてマイクに到達する信号を知る必要があります。

システム同定:伝達特性
伝達特性
スピーカとマイクの間の伝達特性

スピーカとマイクの間の特性を伝達特性と言い、伝達特性は一般に「インパルス応答測定」によって得ることができます。

スピーカとマイクの間の伝達特性が分かれば、相手側から伝送された音声信号にこの伝達特性を与えることによって、スピーカから再生されマイクに到達した信号を得ることができます。

しかし、伝達特性は動的に変化し続けているため、一度の測定で対応することはできません。


システム同定:インパルス応答 波形
インパルス応答(時間応答波形)

システム同定と適応フィルタ

そこで、適応制御によるシステム同定という手法を用います。

システム同定とは

システム同定とは、伝達特性の分かっていない伝達系に既知の信号を入力し、その入力信号に対する出力信号からその伝達系がどのような特性であるかを推定する技術です。

システム同定には適応フィルタが用いられます。 適応フィルタは通常FIRフィルタによって構成されます。

適応フィルタとは

適応フィルタは以下のような構成となります。

システム同定:適応フィルタの構成

適応フィルタの構成

適応フィルタはその出力を目標とする信号に近づけていく機能をもったフィルタです。 上の図では、入力信号x(k)がスピーカから再生され、マイクで収音された信号が目標とする信号d(k)となります。

システム同定:適応フィルタ
適応フィルタ

適応フィルタは目標信号d(k)と自分の出力信号y(k)との差分信号(誤差信号)e(k)のパワーが最小になるように自分自身の特性を調整します。

誤差信号e(k)のパワーが最小になったとき、適応フィルタのフィルタ係数は伝達特性の分かっていなかった伝達系の特性を表すことになります。

仮に目標信号d(k)と適応フィルタの出力信号y(k)の差分がであれば、y(k)=d(k)となりますので、適応フィルタの特性と伝達系の特性は同じものになるはずです。

経路変動と適応フィルタ
システム同定:経路変動
移動による経路変動

スピーカやマイクの位置が変わる(経路変動と言います)と目標信号d(k)が変化します。 適応フィルタはその変化に追従して誤差信号e(k)のパワーが最小になるように自分自身を調整します。

このように適応フィルタを用いることによって伝達特性の分からなかったシステムの特性を同定することができます。

適応フィルタの特性の調整方法を「適応アルゴリズム」と言い、様々なアルゴリズムが考案されています。

適応フィルタによる音響エコーの除去

適応フィルタを用いれば、部屋の特性を含んだスピーカとマイクの伝達特性を推定することができます。

音響エコーの除去

伝達特性が推定できれば、相手側の音声信号にその特性を与えることによって、その音声信号がスピーカから再生されてマイクに受音されるであろう信号(エコー成分)を推定することができます。

エコー成分をマイク受音信号から減算すれば相手側にエコー成分が伝送されることを防ぐことができます。 この様子を示したのが下の図です。


エコーキャンセラー:音響エコー
音響エコー

エコーキャンセラー:適応フィルタによる音響エコー除去

適応フィルタによる音響エコーの除去


適応フィルタがない場合は、エコー成分が戻ってきてしまいますが、適応フィルタを挿入することによってエコー成分を除去することができます。

エコーキャンセラーはこのように適応フィルタを利用して音響エコーを除去する機能として使用されています。

エコーキャンセラー、適応フィルタの関連記事、補足記事
用語と補足記事について

このページは、音響技術に関する専門用語や、技術開発に関する掲載記事中のキーワードについてのご紹介が複数箇所で必要になった項目をまとめた共通の用語紹介ページです。

用語説明を含む関連性の高い内容のページがある場合には、そのページへのリンクになっている場合があります。専門用語を網羅しようという用語辞典ではありませんので記載内容が十分とはいえませんが、ご参考になる部分がございましたら幸いです。

TV・WEB会議システム用エコーキャンセラー Artifit Voice JFHF-EC1401VC

高速H∞フィルタ(J-FHF)を使ったWEB・TV会議システム向けエコーキャンセラ製品 JFHF-EC1401VCは良好な音声通話、エコーキャンセル性能を実現します。

TV・WEB会議システム用エコーキャンセラ JFHF-EC1401VC

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

音響測定のお手伝いなど音響技術サービスや、機器の試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システム開発の設計から製造までご相談いただけます。 音響製品の開発、販売のほか、オーラサウンド社のオーディオ製品を輸入販売しています。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2015 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.