イコライザ / ディレイ

音響技術、オーディオ、ソフト、ハードなどの専門用語、補足
補足・用語 / 音響技術と開発
音響機器の開発 ハードウェアPCB設計イメージ CPU組込みソフト、信号処理(DSP)ソフト開発 無響室 - 音響実験/音響測定、試験 イメージ DSPボード デジタル信号処理 image 音響信号とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.

イコライザ(EQ)

イコライザ周波数特性のイメージ

イコライザとは音響周波数特性を変化させる機構や機器を指す一般名称です。 機構に周波数特性に影響を与える構造物をイコライザと呼ぶ場合と、 電気信号の周波数特性を変化させる音響機器を指す場合があります。

ここでは音響機器のイコライザについて記します。 ソフトウェアによって実現されたイコライザは、グラフィックを利用した多様な操作形態がありますが、 ハードウェアの場合には、大別するとグラフィックイコライザパラメトリックイコライザの2タイプに分けられます。

グラフィックイコライザ

グラフィック イコライザ /GEQ image

グラフィックイコライザ(Graphic Equalizer)は、可聴帯域を分割し帯域ごとにレベルを調整できるようになっています。 上下のスライドボリュームが使われ、ノブを上げると中心周波数を頂点とした山型に帯域レベルが上がり、下げれば中心周波数を最下点とした谷型にレベルが下がります。

バンドのノブ位置が周波数で並び周波数特性図を描くようなイメージになるためグラフィックイコライザと呼ばれます。 グラフィックイコライザは略して「グライコ」とも呼ばれます。

隣接するEQバンドが影響
実際の周波数特性

複数のバンドフィルタ(BPF/BEF)で構成され、隣接したバンドの影響は重なり、 各周波数の特性が合成された結果が実際の周波数特性となります。

複数の周波数を同時にコントロールした結果は、必ずしもノブの視覚的な位置が周波数特性と一致するわけではありません。 全体の補正状態は、各帯域の補正の電気的合成になっていることを認識しておく必要があります。

グラフィックEQのGUI設定例

グラフィックEQの設定例は ↓

グラフィックEQの合成された特性のグラフ

複数バンドの合成された特性のグラフ
400〜500Hzはゲイン設定していなくても近接バンドの影響でプラスになる
バンドゲイン以外の機能

グラフィックEQの特徴は、周波数バンドごとの素子の操作方法にありますが、 機器によって、ゲインやQ、トリムなど、チャンネル全体の設定ができるようになっているものがポピュラーです。

Qとゲインによっては、広い周波数帯域にも影響するため、 ノブの状態だけでは、実際の特性を直接判断できないため、 グラフィカルにディスプレイされる高級なデジタルミキサーやソフトウェアでは、 グラフィックEQの設定による特性がグラフ表示で解りやすく表示されます。

グラフィックEQのQや全体のゲイン(±12db、±6dbなどのトータルゲイン)などは、 一括して設定できるようになっている場合もあります (高級なミキサーや単体のラックマウント式のEQの場合には設定可能な場合が一般的です)

コンシューマーオーディオについているグラフィックイコライザは、素子数が少ないものですが、 プロオーディオ、音響設備では、通常1/3オクターブに分けられた30バンドのものが良く用いられます。 各帯域の中心周波数は規格で決められています。

パラメトリックイコライザ

パラメトリック イコライザ / PEQ image
※イメージ写真は簡易なタイプです。

PEQのパラメータ制御

パラメトリックイコライザ(Parametric Equalizer)は、バンドの鋭さQと中心周波数、ゲインを設定して周波数特性を変化させるイコライザです。 略して「パライコ」「PEQ」と呼ばれます。

グラフィックイコライザは、各素子が縦にゲイン制御のスライダーが並びますが、 パラメトリックイコライザは、中心周波数、ゲイン、Qを回転ボリュームで設定するタイプが一般的です。 ミキサー卓やラックマウント式のパラメトリックイコライザは、1chあたり、3〜4バンドが組み合わせて構成されるのが一般的です (ディジタルミキサーの場合には大きな規模のイコライザを利用することが可能になっている場合があります)

LOW, HIGH, MID

複数のバンドは、LOW(低域)、MID(中音域)、HIGH(高域)のように低域と高域の役割が決められたものと、 中音域の幅広い帯域を周波数を可変設定するタイプものが設けられます。

LOW、HIGHは、バンドフィルタではなく、ローパス(LPF)、ハイパス(HPF)フィルタになっており、 カットオフ周波数以上、以下をカットするような目的に合わせたものになっています。 HIGH、LOWは、シェルビングタイプになっていたり、シェルビングに切替できるものなど機器によって異なります。

いろいろなタイプのイコライザ(フィルタ) : LPF/HPF/BPF/BEF/SHH/SHL
パラメトリックイコライザの利点

グラフィックイコライザと比較すると、パラメトリックイコライザは、中心周波数と特性がフレキシブルなため、 特定の音域をピンポイントで調整が可能です。

ハウリングの発生する周波数を急峻にカットする場合や特定の目立つ周波数を調整する場合など、 ゲインを下げて中心周波数を移動すると、問題の周波数に位置した時に効果がかかるため、 適した周波数のみを音を聞きながら制御する場合に便利なイコライザです。

複数のイコライザを利用した結果は、当然ですが合成された特性になります。

パラメトリックEQのGUI設定例

パラメトリックEQの設定例(△は周波数とゲイン)は ↓

パラメトリックEQの合成された特性のグラフ

複数バンドの合成された特性のグラフ
F2,F3やHPFが設定しているゲインと合成特性が異なる

ディレイ

※ディレイの内容は、別のページに分割、移動しましたのでお手数ですが、 ディレイ - 音響機器 のページをご覧ください。

ディレイのページを移動しました。

ディレイの内容は、別のページに分割、移動しましたのでお手数ですが、 ディレイ - 音響機器 のページをご覧ください。 また、音声の信号処理ディレイ、エコーについて記していますので併せてご覧ください。

用語と補足記事について

このページは、音響技術に関する専門用語や、技術開発に関する掲載記事中のキーワードについてのご紹介が複数箇所で必要になった項目をまとめた共通の用語紹介ページです。

用語説明を含む関連性の高い内容のページがある場合には、そのページへのリンクになっている場合があります。専門用語を網羅しようという用語辞典ではありませんので記載内容が十分とはいえませんが、ご参考になる部分がございましたら幸いです。



Inter BEE 2014 参考出品の報告 - 幕張メッセ 2014年11月19日(水)〜21日(金)

放送用音声比較装置 ABE-2100Cを国際放送機器展に参考出展しました。 ご来場ありがとうございました。

Inter BEE 2014(国際放送機器展) 放送用音声比較装置 ABE-2100C (Sound Comparator) 参考出展の報告

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

音響測定のお手伝いなど音響技術サービスや、機器の試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システム開発の設計から製造までご相談いただけます。 音響製品の開発、販売のほか、オーラサウンド社のオーディオ製品を輸入販売しています。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2015 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.