音質は確実に落ちている?

サウンドコラム 音とオーディオの四方山 vol.12
音響,AV サウンドコラム
NC曲線と騒音計 音響測定 image コネクタ、配線と測定器 音響測定 image 無響室 スピーカユニット特性測定 image マイク、ミキサー、A/D変換 インパルス応答 image 音圧分布、ホールのワイヤーフレーム 音響測定 image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
音とオーディオの四方山

音質は確実に落ちている?

サウンドコラム 12
12

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64(2002年8/15〜2004年11/18)に音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

前回につづいてCDの話題が連続しますが...。

ZDNet 日本語版のインタビュー記事の中で「CDは一時期よりも音が落ちています...」というものがありました。コメントの主は、CDの生みの親、中島平太郎氏です。

ここだけを取り上げると、非常に扇情的な感がありますが、インタビューで語られているのは、コピーコントロールCDと著作権に関する部分と、廉価なドライブやメディアが製造されるためにPC用を中心として、かつてのオーディオ向けの製品などと比較して音質の悪い製品が多くなったという背景での発言です(小見出しに「音質は確実に落ちている」とつけられていますが...)

PC用のCD-ROMドライブなどを考える時、本当にかつてより音が悪くなっているかというと、かならずしもそうとも言えないように思います。

例に出されているのは名機と呼ばれているような機種との比較であって、一般的、平均的なPCのオーディオの音質は、聞くに耐えないレベルから、オーディオ機器の仲間に入れても良いレベルに向上したといっても良いように感じます。

パソコンの場合には、多用途であり、音質を求めていない人や用途もあり、むしろその方が多数であるため、CD-ROMドライブは、音質よりコストとデータ記録の利便性が重要とされるのは仕方が無いかと...。

問題は音楽用としても多数利用されるにいたっても、平均的な音質があまり芳しくないということだと思いますが...電源事情などを考えると...HDDや高速、大容量のDRAM、高解像度にビデオと条件は悪いですから、むしろ、高音質の製品が非常にガンバッテいるということではないかと思います。

家電のCDプレーヤー(や記録メディア)などでも、普及率が上がるに従い、ハイエンドを除いてコストダウンの代償として音質が犠牲になっている機器が存在し、そのようなことも含めてのCD/CD-Rの音質が悪くなったということもあるかも知れません。

現在のオーディオは、メーカーなどの努力もあって趣味のレベルではなく生活のレベルにまで広がっています。インターネットなどでも、例えば、検索カテゴリに趣味のオーディオが含まれていないことは、非常に多く、オーディオは一部の人にとっては趣味であっても一般的には、白物家電などの仲間といえる存在にまでなっているように思います。

インタビューにある一時期のCDより現在のCDの方が音が悪いという視点とは異なりますが、コンシューマーレベルの音質を振り返ると、CD,MD,DVD,ソリッド・オーディオが普及し、アナログ時代やデジタルオーディオ聡明期と比較して平均的な音響機器の音質は確実に高音質です。

CDの「音質が確実に落ちている」のは、客観的な判断材料がないので判りませんが、ハイエンドを除いた市場で、高音質を強く望まれているのかという現実が反映されていると見ることもできそうです。

サウンドコラム 音響とオーディオの四方山

音響システムやオーディオ、AVに関連した雑記

「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64に 音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

サウンドコラム 音とオーディオの四方山

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.41〜50

3D音響システムとスピーカ・アレイ Iosonoとサラウンド / プレーヤーとメディアのハイブリッド化(BD,HD DVD,DualDisk) / デジタルアンプとデジタルスピーカ(D級アンプと消費電力, 特徴-シンプルな構成- パワーアンプと伝送 -効率,発熱,クロスオーバー,デジタルスピーカの特徴) / 自衛隊の大砲を使ったコンサート / コーデックキラー(音声圧縮エンコードとノイズ)

サウンドコラム 音響関連イメージ

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.31〜40

InterBEE2003とHD放送(SD,HD,テレビ解像度) / 闇と静寂 / 騒音性難聴の防止薬品 / チェンバロにタンチョウヅルの羽根 / 海の音響技術(低周波ソナー LFAS, SOFAR, SOSUS, 音響トモグラフィー, 深層海流の温度計測) / 開発者の音作りと発想(デジタルの音作りと哲学) / 音効とCGスペクタクル映画(映画の音響効果とリアリティ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.21〜30

音響冷却方式と水冷式 / 魔法の杖と音声認識の確率(自動音場調整AVアンプのレビュー) / 過去と周期と予想 / 音の記憶 / 録音テープの「肉声」 / 米国のCD市場の変化とCCCD / 音質?デザイン? / 機械の音のリアクション / 3D音響のトラッキング付き配信(ヘッドホンの立体音響, ヘッドトラッキング) / 地上デジタルTV 開始とInter BEE

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.11〜20

20家庭の音場補正
サウンドコラム 20
19オーディオ機器への音楽配信
サウンドコラム 19
18デジタルアンプの時代
デジタルアンプのコンシューマ化
17PCMはCDと同じ?
サウンドコラム 17
16テクノロジーと本質の視点
デジタル・オーディオは高音質か?
15デジタルTVの双方向性
サウンドコラム 15
14アカデミー音響賞、音響効果賞
サウンドコラム 14
13手軽に音響測定
サウンドコラム 13
12音質は確実に落ちている?
サウンドコラム 12
11CDを再生できないCDプレーヤー
CCCD(Copy Control CD)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.01〜10

10DVDの評価表現「劇場上映時と...」
サウンドコラム 10
09パソコンVS家電 - データ交換
サウンドコラム 09
08TV放送の音声と帯域
地上波TVの電波
07ホームAVサーバー
サウンドコラム 07
06パソコンの静音設計とノイズ
不要輻射(EMI)
05人間の耳−最も優れた音のセンサー
精密測定マイク/カクテルパーティー効果
04パソコンのサウンド機能
サウンドコラム 04
03デジタルオーディオと記録 3/3
CDリッピングで音質向上? / CD収録時間
02デジタルオーディオと記録 2/3
CD誤り訂正と音質 / ピット、誤り訂正
01デジタルオーディオと記録 1/3
DVD製造者認識コード(Disc ID Method)

サウンドコラム 音響測定編

音響測定、音圧レベル分布、伝送周波数特性

「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」のvol.1〜10に連載していた 音圧レベル分布と伝送周波数特性に関連したコラムをサウンド コラムのページに編集して掲載しました。

サウンドコラム 音響測定編

サウンドコラム 音響測定編 音圧分布

音圧レベル(SPL)、オクターブバンド、dB、ノイズ

サウンドコラム 音響測定編 周波数特性

周波数、基音と倍音、無響室、フラット再生

≪ サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山 ≫

Inter BEE 2014 参考出品の報告 - 幕張メッセ 2014年11月19日(水)〜21日(金)

放送用音声比較装置 ABE-2100Cを国際放送機器展に参考出展しました。 ご来場ありがとうございました。

Inter BEE 2014(国際放送機器展) 放送用音声比較装置 ABE-2100C (Sound Comparator) 参考出展の報告

《 音質は確実に落ちている? : 音響・オーディオ,AV - サウンドコラム 12 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | 音響とAVのサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.