デジタルオーディオと記録1

サウンドコラム 音とオーディオの四方山 vol.01
音響,AV サウンドコラム
NC曲線と騒音計 音響測定 image コネクタ、配線と測定器 音響測定 image 無響室 スピーカユニット特性測定 image マイク、ミキサー、A/D変換 インパルス応答 image 音圧分布、ホールのワイヤーフレーム 音響測定 image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
音とオーディオの四方山

デジタルオーディオと記録 1/3

DVD製造者認識コード(Disc ID Method)
01

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64(2002年8/15〜2004年11/18)に音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

今回は、vol.10のURLクリップでDVD-R/DVD-RWの製造者認識コードに関連してDVDのメディアとドライブでの相性があるらしいとご紹介しましたし、(社)日本記録メディア工業会の記録メディアの件にも触れましたので、今回は、デジタルオーディオと記録メディアについて書いてみたいと思います。

DVD製造者番号詐称

DVD-R/DVD-RWの製造者認識コード詐称メディアというのが市場に出回っているらしいです(製造者認識コードでドライブの条件設定を最適化しているというのは知りませんでした。無知です)

 ▼TDKの製造者認識コードを不当に用いた
   他社DVDディスクの流通について
    TDK カスタマーサポートのページ 平成14年7月10日
    https://www.tdk.co.jp/tjtem01/tem00900.htm

ドライブメーカーさんが条件設定を製造者コードで行なっているということは、単なる「相性」というようなものではなく、「対応」「非対応」ということですね。

TDKさんの記述によると、2倍速などでは「対応」されていないと、うまくないように見えます。

詐称メーカーの行為はいただけませんが、製造者ID詐称は、もしかしたら、ドライブに「非対応」扱いされてしまうことを回避する目的かもしれません。

CD-R/RWが音楽の記録メディアとして普及したことに伴いオーディオの記録メディアとしてMDと共にあたりまえに利用されるようになりました。

Disc ID Method

CDには、Disk ID Methodという認識IDを記録することによって、記録面の色や特性に合わせて書き込みをドライブが調整できるようにする方式が採用されています。

CDs21ソリューションズという団体で決められ、ドライブやメディア製品で利用されています。

  ▼CDs 21 ソリューションズ
    http://www.cds21solutions.org/

昨年(2002年8月掲載時)から国内でもエイベックス社などがコピーコントロールCDを制作しなければならないと考えるほど、CD-Rなどへのリッピング(デジタルコピー)やWinMXなどに代表されるデータ交換が一般化しました。

一般化しただけに、メディアやドライブに対する「うわさ」的な話も、昨年くらいからオーディオマニアの方などが集うわけではない場所でも耳にするようになったと思います。

  ▼「コピーコントロールCD関連リンク集」インプレスAVウォッチ
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/link/cccdlink.htm

CDには、音楽用の記録方式以外に、データ記録用の方式など多種の規格があり、デジタルならではの誤り訂正による補正があるため、データ記録のメディアの精度などの問題と、ドライブの再生側の問題などが入り乱れてうわさになっているように見えます。

デジタル記録の音質差

CD-R/RWなどの記録と音質に関するディスクメーカーさんやドライブメーカーさんのインタビュー記事などを見ると、デジタル記録上は、データが間違いなく読み出せたとしても、CDの記録のされ方によって、アナログ信号では音質に差が出るということについては、共通の認識のようです。

プレスとCD-R、プリプロのCDなど聴感評価を行なうと、音の品位に違いがあり、同じデータから作成したCDであっても、制作方法によって違いが発生すると言われています。

共通で言われていることは、CDのピットという、データを記録面に生成している孔の形状や長さが、再生時の誤り訂正の発生頻度が変化するということと、誤り訂正の結果デジタルデータは、正常に訂正されるが、その時のドライブのアナログ音声出力には違いが出る場合があるのではないかということでした。

サウンドコラム 音響とオーディオの四方山

音響システムやオーディオ、AVに関連した雑記

「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.12〜vol.64に 音響システムの関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

サウンドコラム 音とオーディオの四方山

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.41〜50

3D音響システムとスピーカ・アレイ Iosonoとサラウンド / プレーヤーとメディアのハイブリッド化(BD,HD DVD,DualDisk) / デジタルアンプとデジタルスピーカ(D級アンプと消費電力, 特徴-シンプルな構成- パワーアンプと伝送 -効率,発熱,クロスオーバー,デジタルスピーカの特徴) / 自衛隊の大砲を使ったコンサート / コーデックキラー(音声圧縮エンコードとノイズ)

サウンドコラム 音響関連イメージ

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.31〜40

InterBEE2003とHD放送(SD,HD,テレビ解像度) / 闇と静寂 / 騒音性難聴の防止薬品 / チェンバロにタンチョウヅルの羽根 / 海の音響技術(低周波ソナー LFAS, SOFAR, SOSUS, 音響トモグラフィー, 深層海流の温度計測) / 開発者の音作りと発想(デジタルの音作りと哲学) / 音効とCGスペクタクル映画(映画の音響効果とリアリティ)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.21〜30

音響冷却方式と水冷式 / 魔法の杖と音声認識の確率(自動音場調整AVアンプのレビュー) / 過去と周期と予想 / 音の記憶 / 録音テープの「肉声」 / 米国のCD市場の変化とCCCD / 音質?デザイン? / 機械の音のリアクション / 3D音響のトラッキング付き配信(ヘッドホンの立体音響, ヘッドトラッキング) / 地上デジタルTV 開始とInter BEE

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.11〜20

20家庭の音場補正
サウンドコラム 20
19オーディオ機器への音楽配信
サウンドコラム 19
18デジタルアンプの時代
デジタルアンプのコンシューマ化
17PCMはCDと同じ?
サウンドコラム 17
16テクノロジーと本質の視点
デジタル・オーディオは高音質か?
15デジタルTVの双方向性
サウンドコラム 15
14アカデミー音響賞、音響効果賞
サウンドコラム 14
13手軽に音響測定
サウンドコラム 13
12音質は確実に落ちている?
サウンドコラム 12
11CDを再生できないCDプレーヤー
CCCD(Copy Control CD)

サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山vol.01〜10

10DVDの評価表現「劇場上映時と...」
サウンドコラム 10
09パソコンVS家電 - データ交換
サウンドコラム 09
08TV放送の音声と帯域
地上波TVの電波
07ホームAVサーバー
サウンドコラム 07
06パソコンの静音設計とノイズ
不要輻射(EMI)
05人間の耳−最も優れた音のセンサー
精密測定マイク/カクテルパーティー効果
04パソコンのサウンド機能
サウンドコラム 04
03デジタルオーディオと記録 3/3
CDリッピングで音質向上? / CD収録時間
02デジタルオーディオと記録 2/3
CD誤り訂正と音質 / ピット、誤り訂正
01デジタルオーディオと記録 1/3
DVD製造者認識コード(Disc ID Method)

サウンドコラム 音響測定編

音響測定、音圧レベル分布、伝送周波数特性

「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」のvol.1〜10に連載していた 音圧レベル分布と伝送周波数特性に関連したコラムをサウンド コラムのページに編集して掲載しました。

サウンドコラム 音響測定編

サウンドコラム 音響測定編 音圧分布

音圧レベル(SPL)、オクターブバンド、dB、ノイズ

サウンドコラム 音響測定編 周波数特性

周波数、基音と倍音、無響室、フラット再生

≪ サウンドコラム 音響とAV,オーディオの四方山 ≫

Inter BEE 2014 参考出品の報告 - 幕張メッセ 2014年11月19日(水)〜21日(金)

放送用音声比較装置 ABE-2100Cを国際放送機器展に参考出展しました。 ご来場ありがとうございました。

Inter BEE 2014(国際放送機器展) 放送用音声比較装置 ABE-2100C (Sound Comparator) 参考出展の報告

《 デジタルオーディオと記録1 /DVD製造者認識コード :音響とAV-サウンドコラム 01 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | 音響とAVのサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.