NHK技研公開 2004 〜 超高精細映像システム

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.10
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

NHK技研公開 2004

超高精細映像システム
10

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

毎年実施されているNHK技術研究所の一般公開が5月27日〜30日(2004年6月掲載時)に行われました。

  ▼NHK技術研究所
    http://www.nhk.or.jp/strl/
    平成16年度「技研一般公開」展示内容
    http://www.nhk.or.jp/strl/open2004/tenji/index.html

技研公開は、実際に見たり聞いたりすることができるコーナーが用意されていて一般の方でも十分に楽しめる内容になっている良質な技術展示ブースがあます。

東京の技研で公開されているものなので、地方の方が見学に出かけるというわけには行かないところが残念ですが、簡単な概要はホームページでも見ることができます。

  ▼インプレスのレポート
  −3次元音響シミュレータやHD光ディスクカメラなど
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040527/nhk.htm
  ミリ波を利用したハイビジョンカメラなど
  −ハイビジョンを超える次世代放送サービスの研究も
    http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20040528/nhk.htm
  “蓄積して好きなときに視聴する”サーバー型放送をデモ
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2004/05/28/3280.html
  “音のつながり”を重視し、滑らかに原稿を読み上げる音声合成技術
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2004/05/28/3283.html
  「ネットワーク利用放送」で地方番組を東京でも見られる!?
    http://internet.watch.impress.co.jp/cda/event/2004/05/28/3285.html

  ▼ITmedhia
    それよりもっと未来を見つめて〜NHK技研公開2004 (3ページ)
    http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/0405/28/news007.html

昨年(2004年6月掲載時)、メールマガジンでも少し話題にしました「走査線4000本級超高精細映像システム」は、今年(2004年6月掲載時)も公開展示に含まれていました。

このシステムは、2005年3月から開催される愛知万博でも公開される予定ですので、万博でご覧になることができると思います。

次のような特徴の映像システムです。

  • 7680×4320画素(ハイビジョンの16倍)フレームレート60Hz
  • 22.2chの3次元スピーカー配置による立体音場
  • 対角450インチの大画面、超広視野映像(昨年(2004年6月掲載時)より大型ですね)

公開情報でも記載されているようにこのような映像システム、音響は、臨場感というキーワードで、他でも見られるトレンド技術指向といえます。

再現されているシアターシステムに注目し勝ちですが、カメラも音響、編集、伝送と全ての機材をそろえる必要があるため、技術的にも多くの要素技術を必要とする内容になります。

映像は、高精細にしてグラビア写真などのような画質にすることで、映像のリアリティを増すことや大画面にすることで視野一杯に映像が映し出されることでその場にいるかのよう臨場感を作るというのが超高精細映像システムで実現するものです。

音響は、22個(+サブウーハー2本)スピーカを立体配置して立体的な音場を形成することで映像と合わせてより臨場感を高めるのだと思います。

映画やホームシアターなどで一般的になったサラウンド技術は平面的な配置になっています。

リスニングポイントを限定すれば上方向から音が出ているかのような定位も可能ですが、劇場の座席全体についてエレベーション(上下)定位を任意に行うことはできません。

従って後方から前方に頭上を飛行機が飛んでゆくというような場面では、臨場感のある音場を作りだすことができないのが実情です。

劇場用のサラウンドシステムでも上下方向を含む定位は次世代方式で検討されている点です(下方向はあまり考慮されていないかもしれません)

NHK技研では、他にもマルチスピーカによって仮想音源を作り出す技術や、ホールの残響を任意に作り出す技術などが研究されているようです(技研ホールには沢山のスピーカが設置されて実験されていると、定期刊行物で紹介されています)

  ▼NHK技研 機関情報誌 (概要は公開されています)
    http://www.nhk.or.jp/strl/publica/index.html

映像システムは使われている映像ソフトによっても視聴者の臨場感は大きく左右されますが、万博では超高精細映像システムならではのソフトが(予定)検討されていることでしょう。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 NHK技研公開 2004 〜 超高精細映像システム - 技術・開発の閑話-2- vol.10 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.