ソフトウェアの標準と部品化 8 /標準と生産管理

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.18
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

標準と生産管理

ソフトウェアの標準と部品化 8
18

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

前回、話題にしましたようなレガシーシステムとされてしまうとシステム維持やレガシーシステムを専門にした技術者の確保も困難になって行きます。

部品化や再利用性そのとコストは開発手法やプラットフォームと密接な関係にあるためプラットフォームや開発言語の動向による影響が多大です。

そこで標準技術を確立し標準技術を利用することが求められます。

標準と生産管理

ソフトウェア技術には、デファクト・スタンダードやANSI規格、ISO,JISなどの規格されている技術要素もありますが、実際に実装を伴う規格品コードのようなレベルではありません。

工業規格の部品のようにJIS規格のネジ、MIL規格の……というような管理が確立された部品を採用するというところまでは産業が成熟していないといえるのでしょう。

かつて、太平洋戦争開戦時の日本海軍の艦船の部品は、規格統一されておらず、一隻の形式の艦ごとに設計された部品で造船されていたそうです。

補修備品も艦ごとになり、ネジのようなレベル全部品も艦ごとに管理しておかないと補修できない上、他の船の在庫部品があっても適用可能とは限らないという状態だったようです。

海軍の造船でも職人が技を以って造るという世界だったのでしょう。

工業生産力の強大なアメリカを相手に海戦を行う上で、海軍の生産力や補修の効率化は重要なポイントです(日本には溶接技術もなくアーク材料もドイツから入手しているような背景です)

戦艦大和の建造で有名な海軍技官の西島氏が、海軍の部品の標準化を発案、推進したことで共通部品で設計されるようになったそうです(終戦間際には生産方式と艦船の標準化も行われています)

世界最大の戦艦の建造は、材料の鋼板を造ったり職人の編成や工事手法の確立、ドックの整備などからはじめなければいけない大規模プロジェクトです。

国家の極秘プロジェクトですから、設計図も一部の主要な責任者を除いて一部分しか渡されておらず、ほとんどの関係者が艦の全貌を知らないまま分業生産するという体制で完成させた手腕は偉大なものです。

大和の建造は広島の呉で造られ、二番艦の武蔵は長崎で造船されたのですが、最初の大和は設計や製造上の課題を克服しなければならなかったにも関わらず、西島氏の指揮によって武蔵の半分の工数で完成しており、大和の技術移管を行ったにも関わらず武蔵は2倍の工数が掛かっています。

西島氏の独創的な生産管理手法は戦後の日本の造船業の躍進に寄与する偉大なものであったとされています。

生産管理、工程管理がいかに重要であるかを認識させられる逸話でもあります。

ソフトウェアの標準化や部品化は、大日本帝国海軍初期ほどではないにしても(少なくとも閉鎖的ではない)、問題としている点は、標準の確立や管理、工業的な設計という点で言えば、やはり、同様に発展途上にあるといえるでしょう。

ANSI規格のC言語や、各種標準化団体によって策定された規格などによって標準となっている技術もありますから、標準技術の全体に占める割合がまだ低いだけということかもしれませんが……

参考

海軍の造船と戦艦大和建造については「戦艦大和誕生」という本で詳しく扱われています。

西島技官を主役として大戦初期から終戦まで書かれたものです。

現在は文庫になっています。

「戦艦大和誕生(上)(下)」前間孝則 講談社+α文庫

戦艦武蔵の建造に予定より大幅な工数が何故必要だったのかという三菱重工の戦後裁判記録を収録した書籍があったと記憶しているのですが見つかりませんでした(単に廃刊かもしれません)

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 標準と生産管理 - ソフトウェアの標準と部品化 8 :技術・開発の閑話-2- vol.18 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.