ソフトウェアの標準と部品化 3

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.13
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

新開発ツールと再生産

ソフトウェアの標準と部品化 3
13

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

前回につづいて、ソフトウェア開発に関連した標準指向や部品化についての話題です。

技術の二極化

今から15年ほど前に「今後、ソフトウェアはプラットフォームやライブラリを作るハイエンドの技術者と、それらを使うだけを仕事にする技術者に二極化する」といわれていました。

OS、開発ツールやライブラリが充実したものに拡充されると、それを使って単純なアプリケーションを作成する技術者(?)と、そもそもの高度に専門化したライブラリを設計する技術者に分かれることになるというものでした。

その傾向は、ソフトウェアの標準と部品化の1回目に述べたようにライブラリはデバイスメーカーやOS、開発ツールメーカーに絞られてきている(オープンソースの場合には少し事情が異なりますが)点においては、二極化しているといえます。

実際には、ライブラリのセットが丸ごと入れ替えられたり、主要OSが変遷しているため、ライブラリの充実によって二極化したのではなく、ライブラリを組み合わせて使うだけではアドバンテージが無いため淘汰され、なんらかのアドバンテージを持っていて残っている技術者と初心者が担っているから二極化しているように思います。

新開発ツールと再生産

先ごろSunによってJavaのラピッド開発ツールが発表されましたが、おおよその技術者の感想は、期待より「今さら」とか「そこが問題ではない」といった否定的ともいえる反応が多いように思います(Javaな人達から5年遅いといわれも仕方がないような気もします)

規模が大きくなったITシステムは、その開発プロジェクトが稼動できる所まで完遂できるかどうか、業務を効率化するための要件定義や運用後の仕様変更に耐えうるかなど、設計やアーキテクチャー、マネージメントなど、コード生産以外の問題の比重が大きくなっているため、相対的にコード生産の手法に関しての興味は低下していることにも起因しているかもしれません。

コード生産効率は良いに越したことはありませんし、品質への影響もありますが、便利な開発ツールが投入されて新規のプロジェクトでコード生産が効率化したとしても、次もまた繰り返されるため、当のプロジェクトの将来に渡る保守や再生産などには結びつきにくいと考えられます。

将来、別の互換のない便利な開発ツールに主流が移ったりOSが違う、開発言語も違う可能性があるため、コードについては「今はこれにする」という選択であって、何らかの期待を持って積極的に新しい開発ツールを選択するということが少なくなっていると思います。

開発ツールや言語まわりにしてそうですから、ソフトウェア部品に関しても「将来は捨てる」可能性が高いものを作るというに等しい行為です。

かつてはソフトウェアの再利用が錦旗のように言われましたが(今でも、この考え方が主流でしょう)、ソフトウェア・コードの部品化によるアドバンテージや対製作コストを考えると、開発プロジェクトの運営に不可避な作業を除いては、コードの再利用を重視した設計が、本当に重要であるかと考えることが多々あります(不可避な部分も沢山あるわけですが)

書き直してもコストが見合う程度のものかもしれない……再利用に備えるよりも再生産の方が低コストであったり、開発手法が変化すれば変更を余儀なくされる再利用にコストをかけるリスクは、これまでの経過を考えると高いといえます。

数年前のコードが再利用にどれだけ耐性を持っているか、書き直した場合と変更保守ではどちらが得かと考えると……使い捨てるコードにコストをかけて、できるだけ長期間使い捨てにしないようにするか、再生産されることを前提として再生産のためにコストをかけるかということかもしれません。

ソフトウェアの標準と部品化の1回目に話題にしましたUMLを重視する考え方は、再生産型の考え方の1つだと思います。

UMLを扱うツールの互換問題が問題になると思いますし、そもそもUMLだけは安泰かということもありますが。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 新開発ツールと再生産 - ソフトウェアの標準と部品化 3 :技術・開発の閑話-2- vol.13 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.