HDD容量の差 /天使の分け前(Angels' share)

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.02
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

HDD容量の差

天使の分け前(Angels' share)
02

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

「HDD容量が広告の表記より少ない」と米国ロサンゼルスでコンピュータメーカーに対して集団訴訟を起こした人がいるようです。

10の3乗と2の10乗は、10001024と近い数値なので、コンピュータ系のメモリなどのサイズを表現するのに、SI単位表記のK(キロ)M(メガ)G(ギガ)などの単位で表現されることはご存知かと思います。

一方、同様にコンピュータのパーツのハードディスクは、単位系に等しく、 1MBは1,000,000バイトで扱われます。

ところが、WindowsやAppleのOSでは 2進数表記で扱うためOSのサイズとハードディスクのスペック・サイズが異なっているように見えます。

サイズが少ない

訴訟の容量違いは10進数表記の HDD150GB がOS上では2進数計算になり 140GB と少ないというものです。

まあ、わからなくて訴訟しているのではなく、金銭目当ての訴訟だと思いますが、陪審員制度のアメリカの訴訟なので、このような単純に見える問題もややこしいことになる場合もあるかもしれません。

この件は、コンピュータメーカー数社に対して「誇大広告」として訴訟していますが、単位系列を正しく表記しているHDD容量が悪いのか、類似した表現をしながらサイズが異なる単位をしている慣行がいけないのかという点で言えば、紛らわしい単位慣行を一般に対して提示していることの方がいけないのではないかと思いますが、訴訟で金銭を取るのに都合が良いストーリーとしてコンピュータメーカー側を相手にする必要があるのだろうと思います。

半導体とコンピュータOSのSI単位系使用が一般に混乱を招く可能性はずっと過去から認識されていた問題で、 Mi,Ki,Giなど別表現の提案なども策定させていますが、慣習として1024 = 1K、1024K = 1MBという表現が継続されています。

キリの良い数字

2進数のキリの良い数字は、至るところで現れ、家電などのスペックでも、最大8、16、32、64、128、256、512、1024... 32768 などの数字が現れます。

1024と表現せずに約1000以上、500以上などの表現をされる場合もありますが、正確な仕様表記も必要なため、あまり使われることは多くはないようです。

このような数値には、ある程度なれますから、 250や500というスペックの数字をみると正確には、256、512ではないかという勝手な推測をすることすらある始末です。

キリの良い感覚

キリの良い数字は、対象や環境によって変化しますから、あまり普遍な存在ではありません。

例えば、128個を約100個とする方がキリの良い数字なのでイメージしやすいかというと、12進、60進数系列が多く用いられる分野では、約10ダース(120) のように表現する方がわかりやすいかもしれせん。

また、7セグメントのLEDやLCD表示機が主流の機器のスペックでは、表示桁から決定される最大99、999などの数字も多く存在しています。

以前、担当した機器の仕様を決定する時に、新モデルでは表示器の制約がなくなり、従来機種では±99としていた数値を±100としたことがあります。

この時、ある技術者から「数字が気持ち悪い」といわれた経験がありますが、これも人による慣行によるキリの良い数字として機器の仕様が100より99の方がキリが良いと感じていたということだと思います。

99を100に変更すると、開発している時に良く目にする内部表現の16進数が 63Hから64Hになって、感覚的に少しだけやりにくいと感じた局面もありました。

HDDの利用可能領域

コンピュータのHDDの容量と一般の感覚に関して言えば、個々のファイルの表記上のファイルサイズと実際に使われている物理的なファイルサイズが異なりますし、10進数と16進数の違いからくるサイズ違いの他に、フォーマットすることで利用できる残りサイズが減少します。

さらに、システムファイルなどが非表示になっていれば、その使用済みサイズも謎の使用済み領域になりますし、仮想メモリのためのスワップ領域などもありますので、何も知識を必要としていない人にとってのHDDの利用可能領域は理解しがたい状態になっているかもしれません。

「天使の分け前」があるからと納得しましょうという冗談もあるようですが、几帳面な方には耐えがたい状態かもしれません。

これを機会にコンピュータのサイズ単位系の表現などが変更されたり、注意表記が強化されるのかもしれませんが... このような表記が一般に対して問題であるとされ、Mi,Ki,Giが策定されてからも既に5年ほどになります。

訴訟の行方はともかく、多くの関係者の方が改めて考える機会となっていることは確かですね。

Angels' share(天使の分け前)

「天使の分け前」とは酒類を樽で熟成中しているうちに「蒸発」して内容量が少なくなることを酒造職人たちが呼んだものだそうです。

1年で2〜3%程度蒸発するとのことですから、 12年ものなど25%から30%以上も蒸発してしまった状態から作られていることになります。

HDD容量もクラスタ サイズによって、コンピュータを利用してファイル数が増えるに従って、表向きのファイル・サイズ合計以上になくなって行きます(クラスタの未使用容量のために)

「天使の分け前」のようだといえなくないかも知れません(小さいファイルを多数作ると分け前の方が多くなりますが...)

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 HDD容量の差 /天使の分け前(Angels' share) - 技術・開発の閑話-2- vol.02 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.