Googleローカルファイル検索へ

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.09
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

Googleローカルファイル検索へ

技術・開発の閑話-2-
09

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

Google

昨今(2004年5月掲載時)の検索関連ニュースではデスクトップのマイクロソフト対WEBのGoogleというような表現を見かけます。

当のGoogleはPC内のローカルファイルも対象とした検索ツールのサービスを計画しているようです。

  ▼Google、PC内のデータを検索するツール立ち上げへ
    ITmedhiaニュース 2004年5月19日
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0405/19/news051.html

米Yahoo!の独自検索技術への切替やMicrosoft社の検索技術開発と次期OS Longhornに搭載予定のWinFSという検索機能など膨大に蓄積されたデータに対する高速で適切な検索機能は注目度が高くなっています。

WEB検索においては、今の所、後発のGoogleが大成功を勝ち取り、特に日本においては、大手ポータルサイトに多く採用されていることもあってGoogleの検索シェアは非常に高くなっています。

日ごろから皆さんもご利用になる機会が多いかと思います。

ご存知のように、検索サイトの技術は大別すると2種類あり、Yahoo! ディレクトリに代表されるような人が集めて分類したリンク集を検索するタイプ(ディレクトリ型)とサーバーソフトウェアで自動的にWEBサイトから多くのデータを集めて全文検索を可能にするためのデータをサーバー内に蓄積するロボット型検索エンジンとがあります。

現在の主流はGoogleに代表されるロボット型検索エンジンです。

ロボット型の検索エンジンの技術は、細かい点で違いはあるものの、おおよそ、クロール、インデックス、クエリー検索という3段階のアーキテクチャーを取るものが多いようです。

何かを検索しようとする時、数年前(2004年5月掲載時)はGoogle以外にGoo(inktomi)やinfoseek、Laycosなど複数の検索エンジンを使い分けて検索することがありましたが、現在ではGooもinfoseekも(オリジナルも残っていますが)、ページ検索はGoogleですから検索結果はおおよそ同じ結果しか得られません。

  ▼井上俊一さんのblog - エッセンシャル・サーチエンジンに
    クローラー、インデクサ、クエリーサ−バーについて書かれています。
    (より詳しいサイトもありますが、簡潔さと新しさでこちらを紹介します)
    2004年5月10日から3回分です。
    http://inoue.typepad.com/searchengine/

冒頭のニュースは続報がないと詳細がわかりませんがGoogleの全文検索機能とは異なる技術になるだろうことは、その仕組みを考えてもあきらかです。

ページランクの技術などインデクサに相当する部分は全く要素技術が異なります。

便利な検索方法が利用できることは歓迎しますが、WEBの検索のようにローカルファイルでも検索を実現できるのかは今の所わかりません(他社の検索でも条件は同じですが)

Googleの検索結果は大変便利ではあるのですが、検索結果が変動しつづけていることや(現在のGoogleはサーバー更新サイクルが常時といっても良いほどです)、And検索限定、大文字小文字区別をしない、ページランク評価など、ロジックには特徴があり、当然ながら、万能ではありません。

多くの方が検索エンジンの検索結果を高く信頼されており、以前に、いただいた質問に対して検索してみては、と回答した所「検索してみたがそのような情報は存在しない」とクレームのようにいわれたことがあります。

実際には「存在しない」というのは誤りで、検索キーワードや検索の方法に問題があり検索結果が表示されなかっただけですが……

Googleで検索する場合、And検索でしか検索されないことや日本語の形態要素解析部分には癖があって、検索キーワードの表現方法によって検索結果が全く異なる(インデックスが違う)ことなどを認識して利用する必要があります。

また、大変便利に利用できる大量のデータをサーバーに収集してはいますが、対象になっていないページもまた膨大にあることや、人にとって有用な情報が掲載されたページが上位に入っていないこともあることを忘れないことが肝要です。

世の中の全ての情報がWEB上に存在しているわけでも全てのページがインデックスされているわけでもありません。

検索エンジンはインターネットらしい便利な機能ですが、利用する機会が多いだけに特徴や限界などを知りうまく活用したいところです。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 Googleローカルファイル検索へ - 技術・開発の閑話-2- vol.09 :技術開発コラム 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.