F1とコンピュータ技術 後編

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.20
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

F1とコンピュータ技術 後編

技術・開発の閑話-2-
20

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

F1とコンピュータ イメージ

前回に続いてF1チームとコンピュータ技術の話題を続けます。前回はF1車両のレギュレーション(規定)と技術に関してザッと書きました。

(※前回触れていない技術のABSや排気量の変化、タイヤ、燃料の規定など、コンピュータ技術関連以外にもスピードや安全性に関してのレギュレーション変更は行われていることをここで少し補足します。)

F1とIT技術

F1の車体に関わるコンピュータ技術については、時々F1の雑誌などで取り上げられるのですが、CNetの「ITが支えるF1世界最速技術」という記事の後編に掲載されているようなデータベースやデータロガー(テレメトリ)のデータの処理の話題はあまり見かけません。

マクラーレン・メルセデスは、記事にあるようにCA(コンピュータ・アソシエイツ)社をパートナーにしています。ウィリアムズ・BMWチームはHP社、フェラーリはAMDがスポンサー兼テクニカル・パートナーとなっています。

他のチームもそれぞれIT系の企業がスポンサーとしてだけでなく、ITシステムのテクニカル・パートナーとなっています。

タイヤや自動車パーツ、機械部品や無線など各種のメーカーと提携しカスタム・パーツを開発、生産する必要があるように、IT系も、ソフトウェアを含めて技術的な開発が必要なため、IT企業の車体のロゴはパートナーとしてのマーキングでもあることが多いかと思います(純粋なセールス・パートナーもあるので100%ではありません)

プレスリリースなどで提携時に発表される「IT戦略システムで協業」のような発言を聞くと、チームの公式サイトでも立ち上げ強力するコマーシャル上の発表かと思ってしまいますが、テクニカル・パートナーとして参加している場合には、多少の差はあれCNetの記事にあるようなITシステム面で協力しているのだと思います。

  ▼ITが支えるF1世界最速技術(前編)
    CNET Japan 2004.9.27
    http://japan.cnet.com/special/story/0,2000050158,20074778,00.htm
  ▼ITが支えるF1世界最速技術(後編)
    CNET Japan 2004.10.04
    http://japan.cnet.com/special/story/0,2000050158,20074920,00.htm

耐久性まで品質管理

記事に出ているマクラーレンというチームはトップチームであるというのみに留まらず、F1チームの中でも最も厳密なパーツ類の品質管理を行っている1つと言われているチームです。

パーツは設計やテストにおいても厳密に計画され、レースに勝つために必要な耐久度などにおいても製品の設計誤差が僅かになることが求められているといわれています。

品質管理が厳密なだけに、F1中継で1台がトラブルで破損すると「残る1台は大丈夫でしょうか」という発言に繋がっています。実際、マクラーレンの2台がほぼ同じ周回数で類似したリタイアを見せたことが何回かあります。

このようなシーンを見ると、設計やパーツ製造上の問題においてバラツキが非常に少ないことが想像できます。

このような管理は市販製品でも行われていますが、毎年異なる車体を設計し(しかもサーキットごとに少しづつ異なっている場合が普通です)、外注部品まで含めて品質管理を行うような戦略性が必要とされ、ITシステムにおいてもシビアな要求が行われているものと想像できます(トラブルが発生するとロン・デニスはかなり怖そうです)

コンピュータシミュレーション

コンピュータ・シミュレーションは、風洞実験などと合わせて開発で行われているのとレース戦略(ピットストップなど)のシミュレーションが行われていることは、以前に何かで紹介されたものを見たことがありましたが、決勝中にもトランスポーターの中のサーバーでシミュレーションを逐次行ってパドックのノートPCと通信しているというのはこの記事で初めて知りました。

現在のF1は、エンジンが良い、ドライバーが良い、空力に優れるというような1点のみでは勝てないといわれており、トップクラスのチームは風洞設備やシミュレーションが必須とされています。

シミュレーションは当然コンピュータの出番ですが、テストの走行データの管理や分析など、言われて見るともっともなITシステムの活躍する場所があることに気付きます。

増加するデータ量

シミュレーション関係が増加しているのではないかとい想像しますが年々システムのデータ量が増加しているようです。

現在は、本番のレースは3日間1エンジンと決められているため、サーキットでレース・ディスタンスの長距離走行テストを行うのは、予備車の1台のみですし、共同テストもコストを削減する目的と、ドライバーの休日を確保するために回数を圧縮してきています。

テスト走行は減少方向にあるわけですから、データの詳細度が向上した代わりにテスト距離が減少して、それなりの増加量になるだけのように思いますが実際には相当増加しているようです(マクラーレンは独自のテスト走行も相当行っていそうなので走行量が減っていないかもしれませんが)

CNetの記事には「2004年には8テラバイトまでに膨れ上がっている」など、F1専門誌でもあまり見かけない内容がいくつも紹介されていますので興味がある方はオススメです。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 F1とコンピュータ技術 後編 - 技術・開発の閑話-2- vol.20 :技術開発コラム 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.