NDAと情報公開

技術開発コラム:技術・開発の閑話-2- vol.05
音響技術と開発 技術開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ 無響室 - 音響実験/測定、音響解析 image アナログ回路とオーディ信号処理 イメージ 音声信号波形とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
技術・開発の閑話

NDAと情報公開

技術・開発の閑話-2-
05

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

ホームページやメールマガジンなどでARIのことをご覧いただき、電話やメールで業務関連のお問い合わせをいただく機会があるのですが、多くの場合「そもそも関連業務が可能なのか」という内容のお問い合わせになる傾向があります(お手数を掛けていただき、お問い合わせくださいましてありがとうございます)

これは、公開している実績や情報が少ないことに起因しているものと自覚していますが、公開可能な内容はNDAなどの業務上の秘守義務や契約にはなっていなくても自主的に公開しないようにしている部分などがあるため公開すべきではない内容も含まれているためです。

また、お問い合わせの内容も、NDAや信用が確立されていないため、話しても差しさわりの無い表現でのご質問などになります。

回答も、ご要望にお答えできるか安請け合いのような回答によって過大にご期待いただくことの無いようにと心がけると、何だか腹の探り合いをしているかのような状態になることもあります。

  ▼NDA【秘密保持契約】
    e-Words IT用語辞典
    http://e-words.jp/w/NDA.html
    (限定的な説明がされていますが秘密を守る契約のことです)

公開できていない実績や(非力なこともあり、日常業務をこなすだけで精一杯で)、公開できない内容もあり、十分な情報を掲載しているとは考えていませんが、専門性が高い技術分野は非常に世間が狭いので、断片的な内容であっても差しさわりが生じるためデリケートな部分でもあります。

お問い合わせいただく方も、本当の所、ARIの実績や実力がよく判らないので、詳しく尋ねてみたいのだけれど、具体的な内容は情報漏洩につながるかもしれないと懸念されるでしょうし、NDAのために具体的には回答しない可能性があるとも予想なさるでしょうから、詳しいことはお尋ねになれないというジレンマが発生します。

ここで述べても信用にはなりませんが、一応、お問い合わせいただいただいた内容は、会社名といえども、了承を得ずに取引先や実績などとして営業行為には利用しておりませんし、いただいたメールアドレスにご希望以外の営業的なご案内を差し上げることもありません。

(本当は、ご挨拶などを差し上げるべきかとも思いますが、お問い合わせに対する回答以上の送信はしないようにしています。WEBのビジネス系では「収集したメールアドレスを活用」と論じられていますが……活用していません。メルマガの登録アドレスもしかりです)

インターネットなどで情報を調べる機会は多くなり、かなりの情報を閲覧、入手できるようになりましたが、自らを振り返って見ると、公開されていない情報が多いだろうことも、場合によっては調査が不十分であることも容易に想像できます。

インターネットの膨大な情報量と便利さに、つい忘れてしまい勝ちですが、検索などで調べる場合には、公開されていない重要なファクターが存在する可能性には常に注意する必要がありますね。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

20F1とコンピュータ技術 後編
技術・開発の閑話-2-
19F1とコンピュータ技術 前編
技術・開発の閑話-2-
18ソフトウェアの標準と部品化 8
標準と生産管理
17ソフトウェアの標準と部品化 7
遺産と再生産
16ソフトウェアの標準と部品化 6
重要な課題
15ソフトウェアの標準と部品化 5
リファクタリング
14ソフトウェアの標準と部品化 4
アジャイル開発
13ソフトウェアの標準と部品化 3
新開発ツールと再生産
12ソフトウェアの標準と部品化 2
戦術と戦略の誤解
11ソフトウェアの標準と部品化 1
技術・開発の閑話-2-

技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

10NHK技研公開 2004
超高精細映像システム
09Googleローカルファイル検索へ
技術・開発の閑話-2-
08専門ドメインの基礎範囲 2
高度な統合化による構造変化
07専門ドメインの基礎範囲 1
技術・開発の閑話-2-
06Prescottリリース
技術・開発の閑話-2-
05NDAと情報公開
技術・開発の閑話-2-
04エラーとコスト
ゼロ除算/ブルースクリーン /XP
03リアルタイムとベストエフォート
技術・開発の閑話-2-
02HDD容量の差
天使の分け前(Angels' share)
01「ありえない」
フェイルセーフと安全機能の連鎖

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

ファームウェア開発(組込み)の技術 /
デバッギング・ミステリー

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

ソフトウェアの分類 /
CPUとDSPのアーキテクチャの違い

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

プロジェクト初期のツール評価 / プログラムの動作・ソースの作成 / コード生成 アセンブラ、コンパイラ / 型変換を伴う式評価(コード生成) / 暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード) / 組込みCPUのメモリアクセス / コード生成〜デバッガ

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

CPU,DSPの内部の状態モニター / プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O) / 実行の停止(ブレーク) / シングルステップ実行 / 任意部分の実行 / ヒストリー - 実行トレースとコマンド / 各種ファイルのロード、セーブ / シンボル化

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 NDAと情報公開 - 技術・開発の閑話-2- vol.05 : 音響と開発 - 技術開発コラム 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.