サラウンド スピーカー配置 : オーディオ・AV

音響、オーディオ、ソフト、ハードなどの専門用語,名称
補足・用語 / 音響技術と開発
サブウーファースピーカー AURA SOUND NS10,NS12 サブウファー スピーカー image コンパクトスピーカ NS3-193-8A AURA SOUND NSW1-205-8A(Cougar) コンパクトスピーカーユニット 無響室 : 音響測定、音響実験 スピーカ測定 image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
ドルビーサラウンド(4ch)
dolbyサラウンド4chのスピーカ配置
L Left Channel
(フロント左チャンネル)
R Right Channel
(フロント右チャンネル)
C Center Channel
(センターチャンネル)
SL Surround Left Channel
(サラウンド左チャンネル)
SR Surround Right Channel
(サラウンド右チャンネル)

米国ドルビー研究所が開発した2チャンネルの音声トラックに4チャンネル分の信号 (L、R、センター、モノサラウンド) をマトリクスエンコードし、再生時にデコードして4チャンネルの信号として取り出す方法です。

映画で使用されているドルビーステレオをVHSやビデオディスクに使用するために民生用に改良されたものです。

ドルビーデジタル(5.1ch)
dolby/dts サラウンド5.1chのスピーカ配置
L Left Channel
(フロント左チャンネル)
R Right Channel
(フロント右チャンネル)
C Center Channel
(センターチャンネル)
SL Surround Left Channel
(サラウンド左チャンネル)
SR Surround Right Channel
(サラウンド右チャンネル)
LFE Low Frequency Effect Channel
(重低音強調効果チャンネル)

映画音声のデジタル化に伴い、最大5チャンネル (L、R、センター、サラウンドL、サラウンドR) と低音効果用の補助チャンネルLFE (LFE:Low Frequency Effect) を追加した圧縮技術をベースの5.1チャンネル方式で、映画、DVDの音声トラックに使用されています(LFEは他のチャンネルに比べて情報量が少ないため0.1チャンネルと呼ばれます)

DTS Digital Surround (5.1ch)

米国DTS社が開発した圧縮技術をベースとした5.1チャンネルの方式です。 L、R、センター(C)、サラウンドL(SL/SR)、LFEの5.1チャンネルで、映画、DVDの音声トラックに使用されています。

dts社とドルビー研究所のスピーカ配置は映画館での採用と普及の問題もあって同様の配置、拡張となっています。

参考、関連
Dolby Laboratories, Inc. ドルビーラボラトリーズ

http://www.dolby.co.jp/

dts Japan株式会社

http://www.dtstech.co.jp/
dts Japan

wikipedia : サラウンド

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89

サラウンド方式のスピーカー配置 : 音響用語・補足

dolbyサラウンド4chのスピーカ配置
dolby 4ch
dolby/dts サラウンド5.1chのスピーカ配置
dolby/dts 5.1ch
dolby/dts サラウンド6.1chのスピーカ配置
dolby/dts 6.1ch
dolby/dts サラウンド7.1chのスピーカ配置
dolby/dts 7.1ch
SDDS サラウンド7.1chのスピーカ配置
SDDS 7.1ch
AV製品のサラウンド9.1chのスピーカ配置
ホームシアター9.1ch
AV製品のサラウンド9.2chのスピーカ配置
ホームシアター9.2ch
AV製品のサラウンド11.2chのスピーカ配置
ホームシアター11.2ch
SMPTE デジタルシネマ DC28 : 16chのスピーカ配置
SMPTEデジタルシネマ
DC28(16ch)
NHKスーパーハイビジョンの音響 : 22.2chのスピーカ配置
NHKスーパーハイビジョン
(22.2ch)

SMPTEのDC28とNHKのスーパーハイビジョンのマルチチャンネルオーディオはサラウンドではありませんが、 将来のマルチチャンネル再生のスピーカー配置として上下方向の拡張が行われているため参考までに併せて記しました。

用語と補足記事について

このページは、音響技術に関する専門用語や、技術開発に関する掲載記事中のキーワードについてのご紹介が複数箇所で必要になった項目をまとめた共通の用語紹介ページです。

用語説明を含む関連性の高い内容のページがある場合には、そのページへのリンクになっている場合があります。専門用語を網羅しようという用語辞典ではありませんので記載内容が十分とはいえませんが、ご参考になる部分がございましたら幸いです。

AURA SOUND スピーカーユニット 低歪率、高音質、高出力 AURA SOUND スピーカーユニット製品情報、販売 コンパクトフルレンジスピーカー NS3-193-8A コンパクトフルレンジスピーカー NSW2-326-8A(Whisper) コンパクトフルレンジスピーカー NSW1-205-8A(Cougar) ツィータースピーカーユニット NT1-204-8D サブウーファースピーカー NS12-794-4A ウーファースピーカーユニット NS12-513-4A

《 サラウンド スピーカー配置 - 4ch、5.1ch dolby/dts : 音響技術と開発 用語補足解説 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

音響測定のお手伝いなど音響技術サービスや、機器の試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システム開発の設計から製造までご相談いただけます。 音響製品の開発、販売のほか、オーラサウンド社のオーディオ製品を輸入販売しています。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.