ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜…

アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ vol.5
音響と技術 メールマガジン
DSPボード デジタル信号処理 image DSPボード ソフトウェア開発 image 高速DSP/信号処理 image オーディオ信号処理とデジタル信号処理 image 音響信号とデジタルストレージ image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ

ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜 ロボット...

05

メールマガジン「アメニティ サウンド 音と快適の空間へ」は、現在、休刊中です。 バックナンバーのコラムの内、サウンドコラムと技術開発コラムは、 サウンド、技術開発コラム に再編集、一部加筆修正して掲載していますので併せてご利用ください。

■□■□■□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
■ アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ【Vol.5】2002年5月2日
□    ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜 ロボット...
□    http://www.ari-web.com/
□■□□□□□□□□□□□□ 株式会社エー・アール・アイ □■□■

□はじめての方へ、
このメールマガジンのご登録をいただきましてありがとうございます。
「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」は、隔週(第1、第3木曜日)
にお届けしています。内容を充実できるようにがんばりますので、末永く
お付き合いいただけますようお願い申し上げます。

 ■□■□■  CONTENTS Vol.5 □□□□□□□□□□□□□□□□□

  1.ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜 ロボット
    コミュニケーションがキーワード?
  2.サウンド 音響測定(5)-音圧レベル分布(その5)
  3.ホームページリニューアルのご案内
  4.(URLいろいろクリッピング)

………………………………………………………………………………………
■1.ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜 ロボット
   コミュニケーションがキーワード?
………………………………………………………………………………………
 ユビキタス(Ubiquitous)という言葉が、昨年くらいからクローズ
 アップされるようになってきました。丁度、4/17日に発表された、
 ソニーのNEWコンセプト・バイオ「バイオU」も発売され、ユビキタス
 を取り上げる雑誌なども多いかと思いますので、今回は、ユビキタス
 から情報、通信関連について...

 昨年からよく耳にするようになった「ユビキタス」は(研究論文や技
 術関連では、古くからつかわれていましたが、一般的には昨年あたり
 から取り上げられることが多くなったように思います)、ラテン語で
 「同時に至る所にある、遍在する」という意味だそうです。どこでも
 自在に情報端末を利用する環境をユビキタス・コンピューティングと
 呼ばれています。

  ユビキタスの説明と解説記事です。
  ▼日経4946.com やさしい経済用語の解説
   http://www.nikkei4946.com/today/0202/10.html
  ▼@IT ユビキタスで世界は変わる?〜結局は情報の質次第〜
   http://www.atmarkit.co.jp/fitbiz/column/reg031/reg1.html

 NTT、KDDIなど次世代携帯電話のキャリア各社が、随所で、昨
 年度発表していたロードマップ、将来予想も、各社ほぼ共通して、ま
 ず、3G移動体通信は、人のコミュニケーション手段として市場を形
 成した後、情報端末(PDAやユビキタス型のコンピュータ端末)が
 発達し、その後、作業用車両など移動するタイプの機械に組み込まれ
 てゆくという見解でした。

 ACM(Association for Computing Machinery)の発行する雑誌に、
 通信関連のものとして、Communications of the ACM(CACM)という
 通信、コミュニケーションをテーマとした雑誌があります(よくご存
 知の方には、すみません)。コミュニケーション、通信がテーマなの
 ですが、2002年3月号(VOL.45)は、特集がロボットです。
 技術が発達してきて、人とコミュニケーションを持つロボットといっ
 たところからでしょうか(よくご存知のSonyのAiboもエンターテーメ
 ント・ロボテックスというタイトルでAIとRoboCup-2001の記事が掲載
 されています)。

 日本情報処理学会の機関紙「情報処理 2002 Vol.43 No.4」では、
 特集が「インターネットと自動車」と、移動体通信、無線通信技術を
 利用した話題が学会の機関紙、雑誌などを飾っています。

  ▼ACM(Association for Computing Machinery)
  http://www.acm.org/
  ▼(社)日本情報処理学会
  http://www.ipsj.or.jp/

 通信キャリア各社の機械に組み込まれるという見解と期せずして、通
 信の雑誌がロボットを特集するのは興味深いものがあります(もっとも、
 CACMは、ITエージェント技術などのソフトウェアも専門範疇ですの
 で、コミュニケーションするロボットが特集されても違和感はありま
 せんが)。

 こうして見ると、世に言われている、次世代携帯電話にはキラーコン
 テンツとして音楽や映像のブロードバンド型コンテンツが重要である
 との一般見解とは異なり、もしかしたら、本来的な通信とコミュニケ
 ーションがキーワードなのかもしれない...という気にもなります。
 
     ………………………………………………………
   
 ご参考までに、バイオUの「U」はユビキタスばかりではなく「Ubiq-
 uitous」,「Ultimate Mobile」,「Unique」,「Useful」,「Ultra
 Compact」,「User Friendly」の「U」だそうです。バイオU自体に
 興味をお持ちの場合には、ARIホームページにバイオU、ユビキタス
 関連のリンクを集めたページがありますので、よろしければ、そちら
 で関連サイトをご参照ください。

 ▼ARI ホームページ Sony VAIO Uとユビキタス
 http://ari-web.com/pickup/ubiquitous.htm
 
………………………………………………………………………………………
■2.サウンド 音響測定(5)-音圧レベル分布(その5)
………………………………………………………………………………………
 この連載は、音響業務関連として音響測定や音に関する内容をお届け
 しています。前回はオクターブバンドに関連して主にオクターブにつ
 いてお話しました。

 音圧レベル分布とは、拡声対象エリア(ホールの客席 など)に対す
 る音圧レベル(Sound Pressure Level)の分布状態を示す特性で、周
 波数ごとの分布なども含めて測定、評価することはいままでにお話し
 しました。

 実際の測定では、周波数の観点としては、前回お話ししましたオクタ
 ーブバンドを元にしたオクターブバンドノイズという信号の中心周波
 数2KHz(または4KHz)、500Hzを使用し、各測定ポイント(分
 布を調べる代表点)を騒音計やデジタルの専用測定器(TEFなど)を使
 用して音圧レベル(音量)を測定します。

    …… オクターブバンドノイズ …………………………………
    ピンクノイズに対してある特定の1オクターブの周波数帯
    のエネルギーだけを取り出した信号のことをいいます。

    ピンクノイズとはホワイトノイズに-3dB/octの低域通過フ
    ィルタを通したもので、周波数を横軸にエネルギーを縦軸
    にとってピンクノイズをグラフ化すると、ピンクノイズは
    高い周波数帯域に行くにつれて右下がりのグラフになりま
    す。
    ピンクノイズをオクターブバンドパスフィルターで測定す
    ると、どのオクターブでみてもエネルギーが均一でフラッ
    ト(平坦)な特性になります。どの帯域でも音の大きさが
    同じなため音響調整や測定ではピンクノイズがよく使用さ
    れます。
    ………………………………………………………………………

 測定した点は、測定する室のそれぞれの位置に記録して評価できる
 ようにし、概要として把握するために最大音量と最小音量の標準偏
 差を算出して評価のためのデータとします。

 音圧分布の評価は、対象の室(屋外の場合もありますが)の目的に
 よって異なりますが、基本は、原音再生としての音場(周波数的に)
 とできるだけ一様に音響サービスができているかが主眼となります。

 コンサートホールなどを考えれば、当然ですが、原音再生といって
 も、全域にフラット再生されるというものではありません。残響の
 特性にも多大に影響しますから、音楽が目的の場合と講演や会議な
 どが目的の場合、スポーツでの利用が目的の場合など、施設の目的
 によって評価の仕方は、多分に官能的な部分を持ちます。

 今回までで、音圧レベル分布は終了です。次回からは、周波数特性
 に進みたいと思います。それでは...(^^)

 ▼前回までの掲載分は、バックナンバーを参照してください。
 http://www.ari-web.com/mm/index.htm
 第1回 音圧分布測定のご紹介
 第2回 測定の作業、方法
 第3回 測定に使用する信号
 第4回 オクターブと周波数

 ▼音響関連のサービス情報については、弊社ホームページをご覧く
  ださい。
 http://www.ari-web.com/sd/

………………………………………………………………………………………
■3.ホームページリニューアルのご案内
………………………………………………………………………………………
 こんにちは、ARIホームページ http://www.ari-web.com/
 WEBMASTERです。

 前回にお知らせしましたように(4月中になりませんでした...^^;)、
 ARIのホームページを5/2本日リニューアルします。

 約1割ほど増ページし、前よりページ移動を簡易に、内容を読みやすく
 するために全ページデザイン変更しています。いままで、途中になって
 いたリンク集もある程度拡充しました。
 ( でも、まだ沢山残っています。すみません。m(__)m )

 連載が継続している掲載ページも4月は滞りぎみでしたが、リニュー
 アルもなんとか完了できましたので、情報更新を正常に行えるように
 したいと思います。

 今後とも、これまでどおりお引き立てのほど、よろしくお願い申し上
 げます。
                  webmaster@ari-web.com

 ▼エー・アール・アイ(ARI) ホームページ
 http://www.ari-web.com/

………………………………………………………………………………………
■4. (URLいろいろクリッピング)
………………………………………………………………………………………
 WEB参照可能なニュースや掲載記事から毎日伝えられるニュースや記
 事から気になる情報や、翌日には埋もれてしまいそうな記事をピック
 アップしてご紹介しています(このメールマガジンの発行周期が隔週
 ということもあって新しい記事ばかりではありません)。

 【1】ドイツでiモードは売れていない?──「n21i」を現地調査
   ▼ZD-Net Japn Mobile Channel 2002 4/26記事
   http://www.zdnet.co.jp/mobile/0204/26/n_d2.html

   ヨーロッパで次々と開始される(4/18オランダ、6月ベルギー、
   年内フランス) iモードサービスについて、ドイツでの様子を
   4ページに渡ってレポートされています。ドイツで販売されて
   いる「n21i」の様子なども掲載写真で見ることができます。

 【2】第3世代移動通信システム(W-CDMA方式)の必須特許を
    ライセンス開始
   ▼NTT-Docomoリリース 2002.4.25
    http://www.nttdocomo.co.jp/new/contents/
02/whatnew0425a.html

   NTT-DocomoがFOMA普及のために第3世代移動通信システム
   のW-CDMA方式の所有する必須特許をライセンスすると発表しま
   した。

 【3】ゴールデンウィーク中のセキュリティ対策について
   ▼マイクロソフト TechNet
    http://www.microsoft.com/japan/technet/treeview/
default.asp?url=/japan/technet/security/topics/vacation.asp


   マイクロソフトがサーバーやブラウザなどの修正パッチなどの
   適用を呼びかける情報をTechNetに掲載しています。

………………………………………………………………………………………
■編集後記
 このメールマガジンが配信されるのは5月2日ですから、ゴールデン
 ウィークですね。一昨年は、5月の連休明けに「LoveLetter」ワーム
 の大規模な被害がありました。今年のゴールデンウェークもウィルス
 送信者などのキーウィークになるかもしれません。みなさんも、不信
 なメールには、十分にご注意ください。
 (このメールは不信なメールではありません。^^;)

 近年は、ウィルスも添付ファイルとは限りませんし、サブジェクトも
 日本語のものがありますので、メールの確認は慎重に行う必要があり
 ます。

 このメールマガジンに掲載しているのURLクリッピング【3】のマイ
 クロソフトの「ゴールデンウィーク中のセキュリティ対策について」
 の記事も、よろしければ、ご参照いただいたらよろしいかと思います。

 よいご休暇を過ごされますように...

 さて、Vol.2でご紹介したオーディオテクニカ製のUSBヘッドホンを購
 入しました。できれば、近い内にホームページの製品レポートのコー
 ナーにレポートを掲載できればと思います。
 
 それでは、次回5月16日に(リニューアルしたホームページもよろし
 くお願いします。)
                         A&S 編集部(T)

【配信】……………………………………………………………………………
 このメールマガジンは、次のメール配信サービスによって発行
  されています。

 Melma! : http://www.melma.com/
 Pubzine: http://www.pubzine.com/
 まぐまぐ: http://www.mag2.com/
 Macky!: http://macky.nifty.com/

【配信中止】………………………………………………………………………
  配信中止をご希望の方がいらっしゃいましたら、お手数ですが、
  登録いただいた各配信先で解除いただきますようお願い申し上げ
  ます。(みなさまにご登録いただいたメールアドレスは弊社では
  記録、収集しておりません)。

 Melma! http://www.melma.com/mag/96/m00058796/index_bn.html
 Pubzine http://www.pubzine.com/detail.asp?id=17084
 まぐまぐ http://www.mag2.com/m/0000086886.htm
 Macky! http://macky.nifty.com/cgi-bin/bndisp.cgi?M-ID=poparimm

【ご意見・ご感想】………………………………………………………………
  ご意見、ご感想などございましたら、お気軽にお寄せください。
  (投稿も歓迎いたします)
  ▼ご意見、ご感想送信はこちらのE-Mailアドレスへお願いします。
 mailto:news@ari-web.com

□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
□ 発行/編集 株式会社エー・アール・アイ
□       Amenity Research Institute Co.,Ltd.
□ 〒192-0081 東京都八王子市横山町6-9 丸多屋ビル8F
□ TEL :0426-56-2771  FAX :0426-56-2654
□ URL : http://www.ari-web.com/
■ お問合せ : mailto:news@ari-web.com
■ Copyright(C) 2002. ARI.CO.,LTD. All Rights Reserved.
□■□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□■□■□■□■
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

≪ vol.5 ユビキタス(Ubiquitous)、通信 〜 ロボット... ≫

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIはアナログ、デジタル音響機器の ハードウェア開発ソフトウェア開発、 製品、受託開発を行なっています。試作、研究開発や特注機器などのソフト、ハード、システムの設計から製造までご相談いただけます。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI アメニティ&サウンド | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.