音声コーデック実証試験機 2/3

ハードウェア、ソフトウェア開発事例
技術開発 ハードウェア開発
FPGAとロジックタイミング設計イメージ VHDL設計とロジック回路、デジタルシステム image オーディ信号とアナログ回路、デジタル信号 イメージ デジタル音響機器の開発 PCBパターン設計 イメージ DSPボード / 基板パターン image

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.

システム構成、装置構成
ハードウェア開発事例 : 音声コーデック実証試験機

音声コーデック実証試験機のシステム構成、装置構成は以下の様になっています。

システム構成 - 音声コーデック実証試験機

自局は入力された音声データをアナログ・フロント・エンド部(Audio I/F部)でデジタル化しDSPで圧縮処理(Encoder)を行いそのデータをベースバンド通信にて対向局へ伝送します。

対向局は受信データをDSPで伸張処理(Decoder)を行いアナログ・フロント・エンド部で音声に変換を行います。さらに誤り訂正処理とデータのフレーム化を付加した通信も実現できます。

システム内容説明 通信方式接続図

対向通信の接続図

装置構成 - 音声コーデック実証試験機

製作した音声圧縮実証試験機はダブルハイトのVMEラックを筐体とし、スロット挿入式のユニットで構成しています。

ユニットの回路設計、FPGAデザイン、パネルデザイン、機構組立を担当しました。

筐体に挿入されたユニット - 音声コーデック実証試験機

音声圧縮実証試験機正面 ユニットのパネル

次に試験機を構成しているユニットを紹介します。

ユニット名 ユニット数 主な仕様
Audio I/F 1 16bit刄ーCODEC使用
サンプリング周波数16KHz
φ3.5Audio入力端子
ハンドセット接続端子
CPU 1 CPU : HD64F3048F16(日立)
RAM : 512K×16bit
EIA-232インターフェース装備
DSP(Tx) 1 ※DSPユニットの仕様は後述
DSP(Rx) 1 同上
EXP DSP 2 同上
RF I/F 1 DAC : 14bit, ADC : 16bit, I・Q入出力

ハードウェア開発事例の紹介

デジタル機器、アナログ機器、ラックマウントシステムとPC制御

ハードウェア開発事例の紹介

ハードウェア開発事例の一部をご紹介します(公開可能な一部のみです)

音声コーデック圧縮実証試験機

移動通信向け低ビットレート音声コーデックのアルゴリズムをDSPを用いて実証試験、評価を行うためのシステムです。 弊社は、ハードウェアとDSPのソフトウェア、制御ソフトウェアなど担当しました。

ハードウェア-実証機開発 : 音声コーデック圧縮実証試験機
ビデオ振動体感ミニシアター : プジョー206WRCシアターの事例
映像体感シアター : 淡路花博ジャパンフローラの事例

振動体感システム関連の事例

BassShakerを利用した振動システムの事例を掲載しています。 事例は、自動車ショーでプジョースポルト様が出展されたビデオ体感ミニシアター「プジョー206WRCシアター」の事例とジャパンフローラ 淡路花博 緑と都市の館の中の大型な映像体感シアターの振動システムの例です。

ここに掲載している以外にも、弊社のハードウェア製品なども開発しておりますので併せてご覧ください。

組込みシステム開発技術展 エコーキャンセラ付き音声認識

第12回 組込みシステム開発技術展において 株式会社フュートレック様、株式会社ATR-Trek様の出展ブースでエコーキャンセラ付き音声認識のデモが展示されました。 組込みシステム開発技術展のブースの様子のご紹介です。

≪ ハードウェア開発、設計のご案内 ≫

3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム MTA-02WB-S

TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP

フィルタ、重み付け
擬似基地局やマイクアンプとのルーティング切替、制御
ハンズフリー対応の両耳測定規格の適合判定(マスクカーブ)

3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

3GPP規格、GSM、第2世代(PDC)に対応した 携帯電話開発・検査用のオーディオアナライザMTA-02WB-Sは 規定された測定信号、バンド、マスクカーブの判定機能など専用の測定システムです。

ノイズキャンセル マイク A-DMA-001

ノイズキャンセリング マイクロホン モジュール A-DMA-001/002

A-DMA-001は、マイク素子と ノイズキャンセル回路を一体化したマイク・モジュールです。 ハンズフリーヘッドセットのマイク部などに利用することで送話音声の周囲雑音を低減します。

≪ ノイズキャンセルマイク / 携帯電話用音響測定システム ≫

《 システム構成、装置構成 - 音声コーデック実証試験機の開発事例 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

ARIは、ハードウェア試作品、研究開発、DSP技術を利用したファームウェア、ハードウェア制御をするPC用ソフトウェア、Windowsアプリケーションなど、これらの技術を総合的に生かしたシステム開発を受託開発業務として行っております。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2015 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.