プロジェクト初期のツール評価

ソフトウェア開発コラム - プロジェクト初期のツール評価【01】
技術開発 ソフトウェア開発コラム
DSPボード/基板設計パターン image 映像と振動信号の製作イメージ CPU組込みソフト、ソフトウェア制御 アナログ回路と音声信号イメージ FPGA VHDLロジック設計イメージ

音響技術とソフトウェア、ハードウェア開発

音響と開発 : Sound & Development
株式会社エーアールアイ / ARI
ARI CO.,LTD.
ソフトウェア開発

プロジェクト初期のツール評価

コラム:プロジェクト初期のツール評価【01】
01

このページは、ソフトウェア、機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムのページです。このコラムはメールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」で連載していた技術・開発コラムを再編集したものを掲載しています。

前回は、DSPやCPUのツール選択時の評価についてでした。今回も前回に続き、開発プロジェクト当初の評価についてです。

開発ツールの評価

開発ツールの評価は、特殊なプロセッサでメーカーの純正品しかなかったとしても必ず行ないます。ここまで「ツール選択」のという表現をしていますが、DSPや組込用マイコンの場合、メーカー製ツールが唯一のツールであることがあります。このような場合には、選択の余地はありませんが、それでも、最初の評価は重要です。

バグ(BUG)

ソフトウェアの不具合を表す、バグ(BUG)の意味は、英語の意味通り虫です。

コンピュータ聡明期に大型汎用機が誤動作して原因を調べた所、汎用機の中(紙テープの中だったかもしれません)に本当の虫(リアルワールドのバグです)が発見されたそうです。

不具合の原因はバグ(虫)だ」ということになり、コンピュータやソフトウェアの不具合をバグと呼ぶようになったとのことです(原典を忘れてしまいましたので、正確ではないかもしれません。もし、軽く聞き流せないとおっしゃる方は、調査してみてください。有名な逸話なのですが、信頼できる情報として調べるのは少し難しいかもしれません)

ソフトウェア技術者の人は「原因はバグ(虫)」ではなくて「原因は私」ですから……

置き換えると「私はバグ(虫)」ということかな……?

何を評価しようとしているのか……

まず、第1に最も重要な点は、「正常に機能しているのか」ということです。断言するのは気が引けますが、開発ツールもソフトウェアですから、バグ、不具合はあると考えて開始します。期待通りに動作するはずだという楽観的な前提で計画を決定することは、最もリスクが高い前提をプロジェクトに課したことになります。

最新のプロセッサの開発ツールとなると湯気がでるほどホットなだけに、実は、自分たちが世界初のユーザーになることもありえます(さらに、他にユーザーがいない場合も...)。ですから、メーカーが既に販売中の製品であっても、正常に動作するという期待だけで開発ツールを決定したり、開発手法を決定してはいけません。

問題の解決、代替や手法の検討

補助ツールを作成する必要があったり、コーディング方法をあわせることで問題を回避しなければならないことがありえるため、プロセッサの採用評価段階から調査する必要があります。

コンパイラならコンパイラを評価して、コンパイラが正しく期待通りに動作することを確認しなければなりません。

もし、コンパイラに不具合があったり、期待通りのコードが生成されないようであれば、症状によっては、アセンブラだけで開発する手法を採用するか(今すぐ体力があって手の早い人員を確保しましょう)、別のプロセッサを選択した方がよいプロジェクトだってあります(TT)。

開発実績と事例 ソフトウェア・ファームウェア
CPU/DSP

ARIはハードウェア設計、製造、ファームウェア開発、 Windowsアプリケーションの開発をしています。 実績等に興味をお持ちいただけましたら、会社情報に主な開発実績を 「音響と開発」のコーナーには事例など関連情報を掲載していますのでご覧ください。

ソフトウェア開発コラム : 技術・開発の閑話

ソフトウェア開発と開発ツール関連の雑記

機器組込みのエンベデット・ソフトウェア(ファームウェア)の開発に関連したコラムです。 メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」に連載していた技術・開発コラムを編集掲載しています。

技術・開発の閑話 :ソフト開発コラム

技術・開発の閑話 : ソフト開発コラム

01ファームウェア(組込み)開発の技術
コラム:技術・開発の閑話【01】
02デバッギング・ミステリー
コラム:技術・開発の閑話【02】

開発ツールの話 : ソフト開発コラム

01ソフトウェアの分類
コラム:開発ツールの話【01】
02CPUとDSPのアーキテクチャの違い
コラム:開発ツールの話【02】

プロジェクト初期 ツール評価 : ソフト開発ツールの話

01プロジェクト初期のツール評価
プロジェクト初期のツール評価【01】
02プログラムの動作・ソースの作成
プロジェクト初期のツール評価【02】
03コード生成 アセンブラ、コンパイラ
プロジェクト初期のツール評価【03】
04型変換を伴う式評価(コード生成)
プロジェクト初期のツール評価【04】
05暗黙のライブラリ(コンパイラ生成コード)
プロジェクト初期のツール評価【05】
06組込みCPUのメモリアクセス1
プロジェクト初期のツール評価【06】
07組込みCPUのメモリアクセス2
プロジェクト初期のツール評価【07】
08組込みCPUのメモリアクセス3
プロジェクト初期のツール評価【08】
09コード生成〜デバッガ
プロジェクト初期のツール評価【09】

デバッガとICE ツール評価2 : ソフト開発ツールの話

01CPU,DSPの内部の状態モニター
コラム : デバッガとICE【01】
02プロセッサ周辺のモニター(メモリ、I/O)
コラム : デバッガとICE【02】
03実行の停止(ブレーク機能)
コラム : デバッガとICE【03】
04シングルステップ実行
コラム : デバッガとICE【04】
05任意部分の実行(および再実行)
コラム : デバッガとICE【05】
06ヒストリー - 実行トレースとコマンド
コラム : デバッガとICE【06】
07各種ファイルのロード、セーブ
コラム : デバッガとICE【07】
08シンボル化(読み込み、設定、編集)
コラム : デバッガとICE【08】

技術・開発の閑話 -2-

ソフト、ハードウェア 技術関連の雑記

このコラムは無料メールマガジン「アメニティ&サウンド 音と快適の空間へ」 vol.36〜vol.64(2003年8/21〜2004年11/18)に 音響と開発の関連コラムとして連載していたものを編集掲載したものです。

技術・開発の閑話 -2- :技術開発コラム

技術・開発の閑話-2- vol.11〜20

F1とコンピュータ技術 / ソフトウェアの標準と部品化 ( 戦術と戦略の誤解 / アジャイル開発 / リファクタリング / 遺産と再生産 / 標準と生産管理 ほか)


技術・開発の閑話-2- vol.01〜10

「ありえない」フェイルセーフと安全機能の連鎖 / HDD容量の差(天使の分け前) / リアルタイムとベストエフォート / エラーとコスト(ブルースクリーン/XP) / NDAと情報公開 / 専門ドメインの基礎範囲 / NHK技研公開(超高精細映像システム)

≪ 技術・開発の閑話 :技術・開発コラム ≫
3GPP対応 携帯電話開発用音響測定システム
TS 26.131/ 26.132 V5.0に準拠、ITU-T P.50とP501の試験信号、Windows Vista、Windows XP 3GPP対応 携帯電話開発用オーディオアナライザー MTA-02WB-S

《 プロジェクト初期のツール評価 : ツール評価1 : コラム - ソフトウェアと信号処理 》

株式会社エーアールアイ/ARI CO.,LTD.
東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F
tel:042-656-2771 fax:042-656-2654

エーアールアイはPCアプリケーション、デジタル機器の組込み(CPU)、信号処理(DSP)ソフトウェアの開発を行っています。 お客様のお役に立てることがございましたらご用命ください。

エーアールアイ会社情報
製品情報と販売
音響と開発・サービス
音響機器メーカーと代理店

ご利用案内 | 免責事項 | ARI 音響と開発のサイトマップ | 株式会社エーアールアイ | 東京都八王子市横山町6丁目9番 丸多屋ビル8F

Copyright(c) 2001-2017 ARI Co.,Ltd. all rights reserved.